韓国人男性の「性生活活力指数」、全世界で最下位

韓国人男性の「性生活活力指数」、全世界で最下位


 韓国の中年男性の「性生活活力指数」が全世界で最下位であることがわかった。

 大手製薬会社バイエルは24日、中国上海で韓国など13か国の40代以上の中年男性8500人を対象に行った「バイタル・セクシュアルマン(VitalSexualMan/VSM)」調査の結果を発表した。

 性生活を重要に思い、相手を性的に満足させるために努力する程度を調査したもの。調査結果、韓国人男性のVSM指数は26%と平均値(44%)を大きく下回った。活力指数のトップは、アジアでは台湾(63%)、西欧ではフランス(60%)だった。

 「生活の中で性生活は重要」と思う割合は、韓国人男性が89%と平均値(87%)をやや上回った。しかし、「性関係で相手の満足度は必須」と思う割合は30%と最下位だった。ドイツが60%でトップを占めた。

 韓国人男性の性生活を萎縮させる最も大きな原因はストレス(67%)であることがわかった。「相手の性的不満足に対する懸念」(52%)も平均の2倍以上となった。 060225朝鮮日報


 韓国人男性は、努力しないわりに相手が満足できるかどうか心配ばかりしている、というわけだ。
[PR]

by love_kankoku | 2011-08-22 15:17 | えっちな♪(400)