地下鉄犯罪の44%が性暴行関連(韓国)

地下鉄犯罪の44%が性暴行関連~地下鉄2,3,4号線が性犯罪の温床


(ソウル=聨合ニュース)ソウル市内の地下鉄で起きる犯罪の半分に近い数字が性暴行犯罪であることが分かった。

特に性暴行犯罪はソウル地下鉄全路線のうち、2号線と3号線、4号線で一番多いことが調査され、関係当局の取り締まり強化と女性たちの注意が求められるという指摘だ。
国会建設交通委所属、ハンナラ党イ・ジェチャン議員が21日、ソウル市と警察庁統計資料を分析した結果によれば、過去一年ソウル地下鉄1~8号線で発生した犯罪件数は合計1千379件であり、このうち性暴行犯罪が610件と一番多い44.2%の比率を占めた。

路線別で全犯罪比性暴行犯罪の割合は4号線が61.1%(168件)で一番高く、53.9%(322件)の2号線と46.3%(31件)の3号線も全体平均値を越えた。残り五路線は10~30%台の割合を見せた。

イ議員は「性犯罪にあった女性たちを保護するためには、ひととき1号線で運営された女性専用車制度をまた取り入れて運営するべきだ」と主張した。071022中央日報
[PR]

by love_kankoku | 2011-08-23 19:52 | えっちな♪(400)