韓国、約4割の既婚者が中絶経験。去年の堕胎件数35万件

韓国、去年の堕胎件数35万余件、既婚女性100人のうち38人が堕胎経験


外資系広報会社で働くチェ・ジニョン(37.女.仮名)さんは、まだ結婚する前に堕胎し、つらい思いをしてる。名門大出身のチェさんはサークルの先輩と恋愛中、姙娠した。その先輩は当時、卒業後の就職準備中だった。その事実を知った先輩の母親は、チェさんを呼び出して「子供をおろしなさい」と言った。チェさんは、ふらふらっと堕胎手術を受け、数日後その先輩と結婚した。しかし堕胎の後遺症は大きかった。チェさんは流産を続けたあげく不妊通知を受けた。チェさんは結局離婚した。

去年、韓国で生まれた子供は一日平均1200人。一方堕胎(人工姙娠中絶)で世の中を一度も見られいまま消えた子供は一日平均960人に達しただろうと推計される。高麗大医大産婦人科、キム・ヘジュン教授チームが保健福祉部の依頼を受け、去年5~9月に実施した「人工姙娠中絶実態調査」の結果だ。全国200余ヶ所の産婦人科医療機関を対象に調査した堕胎手術実態と全国の未婚(2500人)・既婚(1500人)女性に対して電話調査した内容を比較分析したのだ。研究によれば年間堕胎手術件数は35万余件に推定された。

このうち、未婚女性の堕胎件数は42%にのぼった。実際の堕胎件数はもっと 多いだろうと推定される。また堕胎手術を受けた未婚女性の92%ほどが20歳以上だった。特に20~29歳は81.4%だった。

堕胎した既婚女性は「これ以上子供をほしくない」「子供の間の年齢差調節」など主に家族計画のため(75%)に手術を受けたと回答した。未婚女性の場合は「未婚なので」「経済的困難のため」など主に社会・経済的理由(95%)だった。これは大部分が不法手術だった可能性を示す。(20060525Daumニュース)

【関連記事】
親族間の性的虐待が2年で3倍に急増(韓国)
韓国!レイプ犯を英雄へ。13歳へのレイプで!
韓国、親の離婚で毎年1000人余が捨て子に
未亡人・離婚女性への差別、韓国が最も過酷!
性暴行の加害者、近所の人と先輩後輩が43%(韓国)
[PR]

by love_kankoku | 2011-08-28 11:50 | えっちな♪(400)