結核死亡率OECD中韓国が1位!

韓国の結核患者15万人 300人中1人の割合 


 韓国の結核患者は15万人におよび、毎年3万人新しい患者が発生していることが分かった。また、結核による死亡者は1年で3000人以上におよんでいる。

 23日、福祉部によると、2005年末、国内の結核感染者の数は国民311人中1人に該当する15万5000人におよび、新たな結核患者も毎年3万人以上増加している。
 国内の結核死亡者(率)の数は2001年3221人(10万人当たり6.1人)、2002年3352人(7人)、2003年3331人(6.9人)で、2004年も2948人(6.1人)が結核で死亡した。結核による死亡率はOECD加入国の中で韓国が1位だ

 一方、日本は結核予防のため年間1兆ウォンを投資しているが、韓国は80億ウォン程度の投資にとどまっている。
 疾病管理本部は「結核は20~50代の経済活動人口の10大死亡原因のうちの9位で、20代女性の死亡原因では7位(疾病死亡4位)にあがるほど深刻」とし、「体系的な結核予防対策が必要」と話した。060323朝鮮日報

衛生管理や衛生教育レベルが低いんでしょうね。
死亡率50%の多剤耐性結核が流行っています!お気をつけください!


【関連記事】
韓国飲食店で細菌検出また期限切れ使用も続出!
韓国!全国の地下水から毒性・発がん物質検出
韓国!発癌物質含んだ食用油、堂々と流通 飲食店でも使用
韓国!寄生虫卵入りキムチなど回収命令、7割が無視して販売
韓国!食品医薬品安全庁の食中毒の統計がでたらめ~実際は60倍以上最大200倍
[PR]

by love_kankoku | 2011-09-18 16:53 | 社会問題(489)