韓国!残飯の使い回し合法化!

韓国!飲食店での客が残した食材の使いまわしを合法化! 2011年09月24日LoveKorea


先日の記事でも取り上げましたが、韓国では飲食店での客が残した食材の使いまわしを合法化しました。
その背景にはほとんどの飲食店が「使いまわし禁止」に反対したためで、
結果、改正食品衛生法では取り締まりの例外として、次の食品の使い回しが正式に認められました。

◆客が残した料理(残飯)の『使いまわし』が認められた食材◆
(1)サンチュ、レタス、生ニンニク、パセリ、エゴマの葉、ミニトマト、他生野菜など
  タレにつけたり、調理されておらず洗えば済むもの
(2)バナナ、ブドウ、皮がむかれていない果物、エンドウ豆、皮をむいていないウズラの卵など
  皮がむかれてないものや他の食材に接触していないもの
(3)キムチやカクテキなど
  ふたがついた容器に入り、客が摂取した分だけ量が減ったもの

なお、これら以外はこの法案の規制で多少厳しくなりましたが、残念ながら安心はできません。
以前のように8割のレストランで客が残した焼肉や鍋などすべての料理で、食材が使いまわしをすることは少なくなるかと思いますが、当局からの回収命令を無視して販売したり、韓国は、ばれなければいいという文化が強い国。また、国ですら業界団体の圧力で、統計情報まで捻じ曲げてしまいます。さらに、料理にイタズラをする韓国人もいるほど、日本人嫌いも多いですから、危険はまだまだつきまといます。

少なくとも、おかずを必要以上に並べる「パンチャン」と呼ばれる食文化がなくならない限り、使いまわしは続くでしょう。
韓国に詳しい大手旅行会社によると、日本人ツアー客を案内しているレストランも例外ではないということですから、他の客が食べ残しを食べるのが気になる方は、自分でチェックするしかなさそうです。

韓国旅行の際の注意点は、対象食品は使いまわされていると意識し、その他の料理もタレや別な食材などがついている場合使い回しですので、ついていたら店員に替えてもらいましょう!
楽しい韓国旅行のため↓の記事にも注意してくださいね!

注:この記事は、先日の取り上げた記事内にある法案があまりにも衝撃的だったので、わかりやすくまとめ再掲し、関係ニュースなどのリンクとともに韓国の現状を紹介したものになります。

【関連記事】
韓国の屋台、未だ食中毒多く、食品衛生の死角地帯!
ソウル市内のレストランなど飲食店の2割、副菜から食中毒菌
韓国!飲食店で細菌検出また期限切れ使用も続出!
韓国!発癌物質含んだ食用油、堂々と流通 飲食店でも使用
日本女は尻軽!SEXしないと損!と日本に来る韓国人。
韓国の地下水、大部分が細菌・有害物質に汚染
宿泊施設で韓国旅行中の日本人女性をレイプ
韓国人と結婚すると子供も反日?韓国の洗脳じみた反日教育!
韓国旅行の際は注意!韓国の公衆浴場の約30%に、監視カメラ!脱衣所にも!=韓国
韓国!肉の抗生物質検出、基準値違反率は日本の8倍
韓国海苔!食べると危険!?猛毒の硫酸入り栄養剤の使用発覚
[PR]

by love_kankoku | 2011-09-24 10:03 | 食品・食べ物(145)