韓国は売春女性の供給国であり最終目的地=米人身売買報告

「韓国は売春女性の供給国であり最終目的地」=米人身売買報告書


 米国務省は27日、世界184の国や地域の人身売買の実態をまとめた年次報告書を発表。韓国について、「強制売春や強制労働の被害に遭う男女らの供給地にも経由地にも最終目的地にもなっている」と指摘し、韓国政府に取り締まりや法の整備を求めた。複数の韓国メディアが伝えた。

 報告書は、人身売買に関連する各国政府の対応などをもとに分析し、4段階にランク付けした。韓国はもっとも良い1番目のランクだったが、民間レベルでは相当な問題を抱えているとした。
 報告書は韓国について、ロシア、ウズベキスタン、カザフスタン、モロッコ、コロンビア、モンゴル、中国、フィリピン、タイ、カンボジアなどから就業や結婚のために入国した男女らが、実際には強制労働や売春の被害に遭っていると指摘。インターネットを通じた性売買が未成年者まで蔓延していることや、一部の韓国人女性たちが米国、カナダ、日本、オーストラリアなどで売春行為を行なっていることも明記した。

 一方、北朝鮮を含む23カ国を、米政府の経済制裁対象になり得る最低ランクとした。北朝鮮について、強制労働や強制結婚、性売買の被害に遭う男女や子どもたちの供給国家と非難した。
 韓国メディアは、わが国の人身売買実態は恥ずかしい水準だと伝え、一部メディアは「南北で性売買が蔓延している」と報じた。(2011年6月29日 サーチナ 編集:新川悠)

【関連情報】
売春婦への仕返しのために21人の女性に計136回レイプ(韓国)
性暴行の加害者、近所の人と先輩後輩が43%(韓国)
韓国議員『セックスとカジノ特区を設立すべき』と発言
韓国、夫婦のうち34.1%が家庭内暴力
未亡人・離婚女性への差別、韓国が最も過酷!
[PR]

by love_kankoku | 2011-12-04 13:07 | えっちな♪(400)