韓国のキムチから食中毒菌ウヨウヨ!177もの製造業者から

不衛生なキムチ製造業者177カ所を摘発、食中毒菌も検出=韓国


 韓国の食品医薬品安全庁は23日、粉唐辛子・塩辛類やキムチ類の製造加工業者など1768カ所を点検した結果、食品衛生法に違反した177カ所を摘発し、管轄官庁に行政処分を要請したことを明らかにした。
 韓国メディアは、「唐辛子の粉などキムチの漬け込み関連企業177カ所を行政処分」「信じていたのに、食中毒菌うようよ」などと題して、相次いで報じた。

 今回の点検は10月末から今月11日まで、地方自治体と合同で行われた。主な摘発については、健康診断の未実施が33カ所で最も多く、生産作業記録や原料入庫出荷を記録していなかったのが31カ所、衛生的取り扱い基準違反が29カ所だった。これらの業者は、該当製品の廃棄や過怠金、営業停止などの処分を受けた。

 一方、ソウル市は、大型スーパーなどで販売されているキムチ、塩辛、粉唐辛子など170種類余りの安全性を検査し、製造加工業者106カ所を点検した。その結果、14カ所が賞味期限を過ぎた製品を使うなど、安全性に問題があったと明らかにした。
 流通大手のホームプラスでは、自社ブランド商品の2種類のキムチから食中毒菌が発見されたため、同製品の流通と販売を禁止し、回収措置を行った。問題となった製品では、慶北浦項市の業者が先月11日に生産した白菜キムチから、基準値の6倍の量の食中毒菌が検出されたという。ホームプラスの食品から有害成分が出てきたのは、今年に入ってすでに6回目となる。

 ホームプラスは、最近、韓国標準協会とソウル大経営研究所が共同で実施した「2011 韓国サービス品質指数」の評価で、大手量販店部門で5年連続となる1位を獲得したばかりだった。消費者らは「サービス品質第1位のスーパーでこのような有害物質がどうして何度も出るのか」として、怒りを爆発させていると伝えられている。2011年11月23日(水) サーチナ

【関連情報】
韓国でもユッケの食中毒。45店を行政処分!
禁止食材も未だ5割が使いまわし、食中毒も=韓国
韓国飲食店で細菌検出また期限切れ使用も続出!
韓国!寄生虫卵入りキムチなど回収命令、7割が無視して販売
韓国!食品医薬品安全庁の食中毒の統計がでたらめ~実際は60倍以上最大200倍
[PR]

by love_kankoku | 2011-12-13 23:55 | 食品・食べ物(145)