韓国、世界第2位のスパム送信国!

アジアからのスパム送信急増、韓国が第2位のスパム送信国に - ソフォス調査


ソフォスは11月2日、2011年7月~9月のスパム送信国ワースト12に関するレポートを公開した。発表によると、これまでと変わらず米国からもっとも多くのスパムメールが送信されているが、2010年の同時期の前回と比較すると、アジア諸国が占める割合が増加しているという。

今回、米国に続いて第2位となった韓国は、前回の7位から大きく順位を上げ、全世界におけるスパムメールの9.6%を送信。また、インド、ベトナム、インドネシアなどアジアの国が上位に挙がっている。
なお、同レポートによると日本は54位で、スパムメールの送信率は全体の0.21%。
地域別で見ても、アジアは前回のレポートにおいてスパム送信率が30%で2位だったのが、この1年間で急増し、現在では全体の半分以上を占めて地域別で1位となっている。

同社によると、スパムメールの多くはボットネットによるもので「アジア地域ではPCの利用者が増加したものの、適切なセキュリティ対策が行われていないためにボットに感染してしまっている状況がうかがえる」としている。2011年11月2日(水)13時10分配信 マイコミジャーナル

スパム:迷惑メール。詐欺サイトに誘導するスパムメールも多く、開くだけや記載されたアドレスにアクセスすることで、ウィルスに感染したりもする。その結果、パソコンに侵入され、多くの情報を奪い取られるという被害も多く出ている。日本では約1兆円ほど迷惑メールの経済損失があるという。

【関連情報】
サムスンのパクリ病はもはや中毒、訴えられるのは日常茶飯事
日本の失敗を喜ぶ韓国!
韓国企業に狙われる日本の技術者!
北朝鮮ハッカーが外貨稼ぎ、韓国の犯罪組織と共謀
「日本が最大の脅威国」韓国の世論調査

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2011-12-23 00:48 | 政治・経済(1341)