ザック日本、北朝鮮恐怖の40時間「夢に出てきそう」

ザック日本、北朝鮮恐怖の40時間「夢に出てきそう」


 日本代表が北朝鮮で緊迫の40時間を過ごしていたことが16日、分かった。アジア3次予選北朝鮮戦(15日・平壌)で0―1で敗れ、ザック・ジャパン17戦目で初黒星を喫したが、その裏帰国にはピッチ外での精神的ストレスが大きく影響していたことが判明。宿舎の部屋では、不気味な壁一面の鏡で眠れない選手が続出。また、部屋を出ても廊下、ロビーに監視の目にさらされていた。“恐怖の2泊3日”を体験した日本代表はこの日、北京経由で帰国の途についた。
 「あの光景が夢に出てきそう」―。
 「もう2度とあんな思いはしたくない」―。

 平壌での北朝鮮戦から一夜明け、チャーター機で経由地の北京空港に降り立った日本代表。選手の表情は青ざめ、足取りは重く、誰も自分から口を開こうとしない。23人の選手全員が初訪問となった北朝鮮。滞在した約40時間に一体何があったのか。

 入国審査では「細密な検査」(北朝鮮)のため4時間の足止めを受けた。待機中、選手が備え付けの柵や壁に寄りかかろうとすると「北朝鮮の物に触れるな」と怒声を浴びせられたという。次便の飛行機から降りてきた乗客が先に入国審査を終える。その姿を隠すために人壁も作られた。試合を翌日に控えた選手たちは3時間立ちっぱなし。ただ、これは試練の始まりに過ぎなかった。

 宿舎では「監視の目」と闘った。宿泊した部屋には壁一面に大きな鏡。そのほかにも至る所に鏡が設置されていた。ある主力選手は「(鏡の中から)誰かに見られている気がする」、別の選手は「眠れなかった」と告白した。部屋に監視カメラや盗聴器が設置されていないか、風呂場の排気口を開けてチェックする選手、「あえて普段通りにしようと」鏡に向かって裸になる選手もいた。

 部屋から一歩出れば、十数室の1フロアで「警備員」と称する人間が4~5人も配置された。「セキュリティーのために配置されたのだろうけど、そう見えなかった。監視されている」(代表スタッフ)。宿舎内でも複数で歩くことを余儀なくされるなど、試合前にして精神的に追い詰められた。

 主力選手数人からは「試合に集中することが出来なかった」という声が聞かれた。そうなっても当然と言える環境だった。17戦目にして初黒星を喫したザック・ジャパン。その陰には「アウェー」の一言では片付けられない現実があった。最後に主将のMF長谷部は「一番厳しいアウェーだった」と苦々しく振り返った。2011年11月17日(木)8時2分配信 スポーツ報知

【関連情報】
芸能人の整形副作用 芸能界は非常事態!
自殺大国、韓国!!
北朝鮮ハッカーが外貨稼ぎ、韓国の犯罪組織と共謀
12月17日早朝金正日総書記が死去=正恩政権へ
韓国ウラン2・7キロ紛失、北朝鮮に!?

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2011-12-25 20:58 | 社会問題(489)