歌手キム・ジャンフンが東京で慰安婦のポスター1500枚を掲示

韓国人歌手が東京で従軍慰安婦のポスター1500枚を掲示=韓国


 韓国人歌手の金長勲(キム・ジャンフン)と韓国広報専門家の叙敬徳(ソ・ギョントク)城信女子大客員教授が、3日から4日の2日間、東京内の流動人口が最も多い新宿、渋谷、原宿などで、従軍慰安婦問題に関連するポスターを掲示したことが明らかとなった。韓国の複数のメディアが報じた。
 韓国メディアは、キム・ジャンフンとソ教授が日本に在住する韓国人留学生たちの助けを借りて、東京の街のあちこちに1500枚の従軍慰安婦に関連するポスターを掲示したと伝えた。
 「DO YOU HEAR?(聞こえるか?)」というタイトルの今回のポスターは、12月29日付けのウォールストリートジャーナル・アジア版に掲載した全面広告のデザインと同じ内容。
 ポスターを企画したソ教授は、「世界的な有力紙の広告を通じて、国際社会で問題化し、世界の世論を喚起させる。日本国内のポスターは、日本軍慰安婦の存在すら知らない若者にアピールするために作成した」とコメントしたという。
 ポスターの制作費を後援したキム・ジャンフンは、「水曜デモが1000回を超えたが、日本政府は、慰安婦問題をいつも回避している。慰安婦問題は、日韓の歴史認識の次元を超え、女性の人権回復の重要な問題であることを日本政府は知っているはずである」と説明した。
 また、ソ教授は「独島や慰安婦関連の広告を掲載するたびに、日本の右翼団体の脅迫をいつも受けるが、これに屈することなく、より正々堂々と日本政府の誤りを指摘し、世界の世論を引き出そうしようと努力する予定である」と語っている。
 キム・ジャンフンとソ教授は、来週には大阪と京都を中心とした関西地方でも、ポスター1500枚を掲示する予定だという。(2012年1月5日(木)11時44分配信 サーチナ 編集担当:李信恵・山口幸治)


韓国人歌手ら、米紙WSJに従軍慰安婦の全面広告を掲載=韓国


 韓国人歌手の金長勲(キム・ジャンフン)と城信女子大学の客員教授で韓国広報専門家の叙敬徳(ソ・ギョントク)教授が、29日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に従軍慰安婦の広告を掲載したことが分かった。複数の韓国メディアが報じた。
 広告は「DO YOU HEAR?」というタイトルで、WSJアジア版の19面に掲載された。全面を使い、元従軍慰安婦の女性たちが「水曜集会」に参加している写真を載せ、英文で「第2次世界大戦当時に『日本軍慰安婦』として生きなければならなかった被害者たち」と説明。「日本政府の賢明な判断を期待している」などと訴えた。
 金氏と叙教授は、これまでも竹島(韓国名・独島)の領有権を主張する広告などを海外紙に掲載してきた。今回は、金氏が広告費用を支援し、叙教授が広告掲載のための手続き全般を担当した。
 叙教授は、日本政府は従軍慰安婦問題の解決を避けていると指摘。慰安婦問題を国際的なイシューとして拡散させることが重要だと判断し、広告を掲載したと説明した。(2011年12月30日(金)9時40分配信 サーチナ編集担当:新川悠)

【関連記事】
外国人参政権、早期成立を「約束」 民団式典 鳩山氏や公明代表
韓国の反日教育が実る!?韓国の小学生2割「朝鮮戦争=日本が侵略した戦争」
韓国、米政府に日本を仮想敵国と表現するよう要請
韓国、李明博大統領!「金をよこせ」と日本政府を脅迫!
韓国の義援金7割を独島活動、残りの2割を被災地に!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-06 20:09 | 政治・経済(1341)