韓国女性芸能人の6割が性接待の提案を受けた!=韓国

女性芸能人の6割が性接待の提案を受けた!韓国人権委員会の発表


  27日、韓国国家人権委員会は韓国女性政策研究院が昨年9月~12月女性芸能人111人と演技志望性240人、芸能関係者11人を対象に実施した調査の結果を発表した。女性芸能人はセクハラや性暴行はもちろん、所属事務所からの暴言や整形手術をうけるよう圧力をかけられるなど、さまざまな人権被害に遭っているという。

  調査の結果によると、対象者の60.2%の人が『社会有力人士や放送関係者に対する性接待提案を受けた経験がある』と答えており、女優の45.3%は酒接待の要求を受けた経験があると答えた。また、女優の58.3%は、体の特定部位を見つめるなどのセクハラに遭ったと答えた。また性的冗談を言われたり、体や容貌の評価を受けたという応答も、各々64.5%,67.3%に達した。回答者の31.5%は、胸とお尻,足など身体の一部を触るなどのセクハラ被害に遭ったと調査された。 直接性関係を要求された女優は21.5%、性暴行のような犯罪被害を受けた女優も6.5%だった。 

  性接待の相手としては、財産家(43.9%)とプロデューサー・監督(38.6%)が多く、制作会社代表、企業家、広告主や放送関係者、政治家など多岐にわたっている。そのため、性接待を拒否したことでキャスティングや広告出演など芸能活動で不利益を被ったと答えた人が約半数を占めるなど、韓国の芸能界に蔓延する人権侵害の深刻性が浮き彫りになった。

  このような実態について、韓国女性政策研究員は「女性芸能人は、労働権(芸能活動権)を確保するために、性的または身体の自己決定権を放棄している構造的な状況に置かれている」とし、「家父長的な性文化と芸能人の需給構造の不均衡(需要を上回る過剰な供給)が、これらの人権侵害を助長する」と指摘した。
  韓国では、09年3月に女優チャン・ジャヨンが事務所による性接待の強要や暴力に苦しみ自殺しており、人権委の常任委員は「芸能界の構造的な問題を解決するための制度を制定しないと第二、第三のチャン・ジャヨン事件が発生しかねない」と懸念を示した。 20100428 サーチナ

【関連記事】
スポンサーを求める女性たち、‘性上納’までしたが・・
性接待31人と100回以上自殺女優チャン・ジャヨン=韓国
「2次会カラオケ、3次会性接待は韓国芸能界で暗黙の了解
障害者の50% 以上がレイプされた事がある=韓国
10代強姦犯の約半分が集団レイプ=韓国

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-10 01:26 | えっちな♪(400)