発ガン性のある豊胸シリコン、世界65カ国30万人使用!

豊胸手術でがんに?=女性ら集団訴訟準備-英

【ロンドンAFP=時事】フランスの会社が販売していたシリコーン入りの豊胸バッグがいずれ体内で破裂し発がんする恐れがあるとして、英国で女性250人以上が、手術をした医療機関を相手取る集団訴訟の準備をしている。女性らの弁護士が21日明らかにした。

 問題の会社ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社は認可されていないシリコーンを使っていたことが分かり、昨年倒産した。これまでに女性8人が乳がんなどを発症。仏政府は「直ちに健康に被害はない」と説明しつつ、PIP社製品を使用して豊胸した仏人女性3万人に除去手術を受けるよう勧告するか検討中だ。
 同様の手術を受けた女性は英国にも5万人いるが、英仏以外にも65カ国以上の数万人に及ぶとみられている。弁護士は年明けから訴訟手続きを開始する。 2011/12/22 07:29時事通信



破裂恐れの仏社製豊胸材、オランダ企業が別ブランドでも販売

[アムステルダム/マルセイユ 26日 ロイター] 世界で約30万人が使用する仏企業ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社製の豊胸用シリコーンに破裂の恐れがあることが判明。これに関連し、オランダ保健当局は25日、同国内でPIPの製品が別名で約1000人に販売されていたことが分かったと明らかにした。

PIPは豊胸材メーカーとして世界3位だったが、医療用ではなく安価な産業用シリコーンを使用していたことが発覚。製品は製造禁止となり、会社も2010年に経営破たんした。仏保健当局は23日、破裂したり炎症を引き起こしたりする恐れがあるとして、PIPの豊胸材を使用する女性に摘出するよう勧告していた。

オランダ当局は、同国の企業がPIP社製の豊胸材を購入し、国内で「M-implants」という別のブランド名で販売していたと発表。約1000人に上る使用者に対し、医師に相談するよう勧めた。
PIPは欧州や中南米で広く製品を販売。同社創業者のジャンクロード・マス容疑者については、「生命と健康」を害したとする中米コスタリカの要請を受け、国際刑事警察機構(ICPO)が国際指名手配している。
2011年12月27日(火)13時45分配信 ロイター

【関連記事】
豊胸バッグ、破裂の恐れ!今すぐ再手術必要と各国で注意喚起!
整形手術による被害者続出!5年間で1万件以上=韓国
韓国人の驚くべき整形観、日本のブスはなぜ整形しない?
豊胸手術してタバコを吸うと、乳首が取れる!?
韓国アイドル整形に飲酒はあまりよくないので酒控えてる
芸能人の整形副作用 芸能界は非常事態!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-16 00:50 | 社会問題(489)