国際結婚家庭の子どもたち、37%がいじめを経験=韓国

国際結婚家庭の子どもたち、37%がいじめを経験


 ソウル市九老区の小学5年生キム君(12)は、母親がフィリピン出身だ。3年生のときまでクラスで1位になるほど成績が良かった。3年生のとき、担任教師がキム君に「お母さんに、学校に面談に来てほしいと伝えて」と言った。数日後、キム君の母親が学校に来なかったため、教師が直接母親に電話をかけ、学校に来るよう伝えた。しかしキム君は、母親に「お母さんのことは本当に大好きだけど、どうか学校には来ないでほしい」と懇願した。

 肌の色が浅黒い母親が学校に来て、級友からからかわれるのが嫌だったからだ。しかし、母親は学校に行き、その日からキム君の学校生活は180度変わった。キム君の母親を見た級友たちは、キム君を「黒人の子ども」とからかい始めた。キム君は母親と1カ月もの間口を聞かなかった。成績は大幅に落ち、活発だった性格も消極的に変わった。

■韓国語がつたなく肌の色が違うことでいじめられる
 行政安全部(省に相当)によると、2007年5月の時点で4万4258人だった国際結婚家庭の子どもは、昨年1月の時点で15万1154人と、4年弱で約3.4倍に増加した。結婚して韓国に移住する外国人や、外国人労働者が増加する中、国際結婚家庭の子どもが毎年約2万5000人ずつ増えている。しかし、彼らに対する差別と排斥は深刻な状況だ。

 昨年、国家人権委員会が国際結婚家庭の子ども186人を対象にアンケート調査を行った結果、学校で集団いじめに遭った児童・生徒が37%に達した。発音が不自然だという理由でからかわれたり(41.9%)、「自分の国に帰れ」と言われた(21%)など、ただ親が外国人という理由だけで、国際結婚家庭の子どもたちが排斥の対象となっている。

 韓国語があまり上手ではない上、その多くは家計の状況が厳しい国際結婚家庭の子どもたちは、学校の勉強についていけず、集団いじめに遭い、勉強に対する興味を全くなくしてしまったり、学校を途中でやめてしまったりするケースも多い。

 母親がベトナム出身の小学生キム君(13)は、小学校に入る前から集団での嫌がらせに苦しんでいた。見た目が違い、韓国を学ぶのが遅かったため上手に話せないという理由からだった。小学校に入ってからは、高学年の児童たちがキム君のかばんや教科書をごみ箱に捨てたこともあった。昼休みには「ベトナムでは手で食べるんじゃないの?」とスプーンや箸を取られたり、靴を奪われて靴下だけで帰宅したこともあった。
 ムジゲ(虹)青少年センターのキム・ジェウ多文化パワー強化チーム長は「国際結婚家庭の子どもだということを知られたくなくて、奨学金の対象に推薦されても拒否するケースがある。彼らに特別な支援と恩恵を与えるのではなく、われわれと同じ隣人だという認識の転換が必要だ」と話した。

■教師がためらいなく人種差別的発言
 国際結婚家庭の子どもたちは、同世代の集団だけでなく、教師からも差別を受けるという。母親がモンゴル出身の小学校5年生A君は昨年、教師の言葉を聞いて大泣きした。教師は授業中にためらいなく「韓国人はよく譲歩するが、モンゴル人はけんかが得意だ」という差別的発言をした。教室で盗難事件が起きると、A君をはじめモンゴル出身の親を持つ子どもたちをまず疑ったりもした。

 教科部政策研究報告書によると、ある教師が両親のうち片方が日本人の国際結婚家庭の子どもに「日本でもこんなふうに(給食費などを)ただにしてくれるの? だったら日本に行けばいいのに、なんでここにいるのか」と言ったケースもあった。
 韓国女性政策研究院のキム・イソン家族・多文化政策センター長は「教師たちが、国際結婚家庭の子どもたちが排除されることは大したことではないという意識を(子どもたちに)植え付けたり、むしろ教師自身が人種差別に対する意識が低く、子どもたちを傷つけたりすることもある。教師養成課程から、国際結婚家庭の子どもたちを配慮する実践的な方法を教えるべきだ」と話した。
2012年1月10日(火)10時35分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
韓国高齢者の3割超、経済的理由で病院に行けず!
韓国の求職者、6割が縁故採用!よそ者には厳しい!?
ケニア女性「二度と韓国には行かない」テロ犯並の差別
未亡人・離婚女性への差別、韓国が最も過酷!
最もストレスの高い国、韓国!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-19 01:04 | 社会問題(489)