韓国原発がトラブルで停止 誤作動、早期再稼働へ

韓国原発がトラブルで停止 誤作動、早期再稼働へ

 韓国南東部の慶尚北道慶州にある月城原発1号機が12日未明、機器のトラブルのため運転を自動停止した。聯合ニュースなどが伝えた。

 原子炉内の冷却水を循環させるポンプ4台のうち1台で、異常を示す信号が出たのが原因。調査の結果、温度感知器の誤作動と判明し、ポンプ自体の故障ではなかった。韓国では冬の電力需給が逼迫しており、事業者の韓国水力原子力は早期の再稼働を目指す。

 1号機は1983年に営業運転が始まり、設計寿命の30年が近づいているが、韓国水力原子力は10年間の延長を求め、国に安全性評価報告書を提出中。2009年4月から安全性向上のための改修工事を行った後、昨年7月に再稼働したばかりだった。(共同) 2012年1月12日 12:29 スポニチ

【関連記事】
韓国が原発を19基、新たに日本海側へ建設!
停電が多発する国、韓国!もの作りに適した国なのか?
韓国!日本海沿いに原発2基新設。福島事故後初
韓国で繰り返される原発故障!低技術での危険な火遊び!
韓国版新幹線もバッタもん?故障多発でメーカー提訴へ

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-23 01:00 | 政治・経済(1341)