韓国副首相が辞意表明、論文盗作疑惑で引責

韓国副首相が辞意表明、論文盗作疑惑で引責


 【ソウル=池田元博】韓国の金秉準(キム・ビョンジュン)副首相兼教育人的資源相は2日、大学教授時代の論文盗作疑惑に絡み、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に辞意を表明した。金氏は青瓦台(大統領府)政策室長も務めた大統領の側近で、先月21日に副首相に就任したばかり。辞表が受理されれば2週間足らずでの辞任となり、大統領の人事政策にも批判が集まる可能性がある。

 金副首相をめぐっては、大学教授時代に教え子の論文を引用したり、類似した論文を2度提出して研究費を二重に稼いでいた疑惑が浮上。野党のみならず与党内でも辞任要求が強まっていた。金氏は疑惑を否定する一方で辞任要求も拒否していたが、2日に「大統領の国政運営の負担になりたくない」と述べ、辞意を表明した。2006年08月02日 日経新聞

【関連記事】
韓国、李明博大統領!「金をよこせ」と日本政府を脅迫!?
「独島に日本船来たら壊せ」=盧前大統領が指示
韓国の反日教育が実る!?韓国の小学生2割「朝鮮戦争=日本が侵略した戦争」
韓国、米政府に日本を仮想敵国と表現するよう要請
韓国外交官のハニートラップにかかる!日本の政治家・官僚は?
[PR]

by love_kankoku | 2011-08-29 21:58 | 政治・経済(1341)