パクリ、ごう慢、整形!中国人の韓国のイメージ

「パクリ、ごう慢、整形」中国ネットユーザーが選んだ韓国のキーワード―中国メディア


2012年1月17日、環球網は「ネットユーザー投票で選ぶ中国周辺国のキーワード」調査の結果を発表した。韓国に対するイメージは「歴史のパクリ、ごう慢、整形」が選ばれた。
昨年来、環球網は「ネットユーザー投票で選ぶ外国のキーワード」調査を実施している。第一弾は日米英仏など世界の大国10カ国を対象としたもの。米国は「覇権、強大、傲慢」が上位を占めた。日本は「反中、変態、軍国主義」。

第二弾となった今回は韓国、北朝鮮など周辺国11カ国を対象にしている。韓国のイメージは「歴史のパクリ、ごう慢、整形」が上位。韓国の江陵端午祭が世界無形遺産に認定されたことは中国で大きく報道され、以来「歴史をパクる国」という印象が広がった。

他国では、フィリピンが「フィリピン・メイド、南シナ海占領、反中」、インドネシアが「反中、バリ島、華人が多い」、モンゴルが「元々は中国の領土、草原、ジンギスカン」、タイが「ニューハーフ、タイ香り米、ゾウ」、北朝鮮が「貧乏、朝鮮戦争での中国の支援、反米」となった。
なお調査はあらかじめ各国ごとに設定されたキーワードから、投票者が1国あたり最大10個を選んで投票する形式で、20万票の投票を集めた。2012年1月19日(木)13時28分配信 Record China


中国人が抱く外国イメージ(3)韓国「横柄な歴史ドロボー」


 中国にとって重要な経済パートナーである一方、漁船だ捕事件などのトラブルも絶えない韓国へのイメージで最も支持を得たのは「歴史ドロボー」だった。
 7.6%で1位となった「歴史の剽窃(ひょうせつ)」について、環球網は「端午の節句や孔子を韓国の文化遺産にするなど、韓国が中国の歴史を盗んだ」ことが背景にあると解説した。また、常に自国製品を「世界一」「最先端」と「自称」する韓国メディアにより「横柄」(7.3%)が2位となったと紹介した。

 「韓国ドラマ」が3.7%、「美女」が2.9%を獲得した一方で、これらを上回る支持を集めたのは第3位の「整形」(6.6%)だった。韓国を代表する食べ物「キムチ」も6.1%と上位に入った。
 このほか「ケチ」「過激」「自虐的」「民族主義」「デリケート」といった言葉が「韓国人が中韓間など対外関係を処理する際に垣間見られる特徴」としてそれぞれ3-6%、「男尊女卑」「酒癖の悪さ」「テコンドー」「韓国料理」「高麗人参」「家電・デジタル製品」が1-2%の票を集めた。また、3%前後のユーザーが「朝鮮戦争」「38度線」といった南北分断を象徴する言葉を選んだ。2012年1月18日(水)12時0分配信 サーチナ

【関連記事】
アメリカも驚く訴訟天国、韓国~告訴は日本の155倍
サムスンのパクリ病はもはや中毒、訴えられるのは日常茶飯事
ジャパンエキスポ!入口には韓国の太極旗といたるところに韓国が!
韓国がマザコン男性ばかりなのは韓国の文化!
国際結婚家庭の子どもたち、37%がいじめを経験=韓国

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-29 21:29 | 政治・経済(1341)