64%が外国人に強い警戒抱く韓国、アフリカ人を最も排除!

外国人に強い警戒心抱く韓国社会、最も排除しているのはアフリカ出身者―韓国メディア


2012年1月16日、韓国の聯合ニュースは、韓国の国民が外国人や移民に対し強い警戒心を抱いているという調査結果を発表した。環球時報が伝えた。

韓国保健社会研究院の報告書「韓国大衆の外国人および移民に対する認識」によると、回答者の63.9%が「外国人と移民の子女の増加が韓国人学生とのあつれきを生む」と危惧しており、64%が「外国人や移民がデモやその他の騒乱を引きおこす」ことを恐れている。

50.3%が「外国人や移民の増加が韓国人の職場をおびやかすことになる」と考え、その割合は年齢が高くなるほど大きくなっている。また、57.8%が「言葉の壁」を外国人とうまくいかない原因と答え、「宗教の違い」が50.8%だった。さらに47.5%が「肌の色の違い」を原因にあげている。外国人と移民の増加で「韓国人の福利厚生が削られる」と考えているのは37.3%。「韓国人の給料は移民の増減に影響する」と答えたのは37.2%だった。

さらに、韓国人が最も排除しているのはアフリカ出身の外国人で39.4%。次いで欧米とオセアニア出身の外国人で、24.2%。アジア出身は16.5%だった。2012年01月17日07時18分Record China

【関連記事】
ケニア女性「二度と韓国には行かない」テロ犯並の差別
国際結婚家庭の子どもたち、37%がいじめを経験=韓国
外国人はエイズの可能性!とサウナの利用を断られる=韓国
国際結婚した女性の8割「韓国人とはもう結婚しない
未亡人・離婚女性への差別、韓国が最も過酷!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-02-01 00:33 | 社会問題(489)