格差社会韓国!低賃金雇用比率がOECDで最悪!

韓国、低賃金雇用比率がOECDで最悪

韓国の勤労者4人に1人は中間賃金の3分の2以下を受ける低賃金勤労者であることが分かった。OECD加盟国では比率が最も高い。

米国経済政策研究センター(CEPR)のジョン・シュミット氏は29日、韓国労働研究院の国際労働ブリーフに掲載された報告書「先進国の低賃金労働:経験と教訓」で、過去20年間の高比率の低賃金労働が重要な政策課題と明らかにした。

低賃金雇用比率は韓国(25.7%)がOECDで最も高く、米国(24.8%)、英国(20.6%)、カナダ(20.5%)、アイルランド(20.2%)、ドイツ(20.2%)も5人に1人が低賃金勤労者だった。
オランダ(17.6%)、スペイン(15.7%)、日本(14.7%)、デンマーク(13.6%)、フランス(11.1%)は10%台で、フィンランド(8.5%)、ノルウェー(8.0%)、イタリア(8.0%)、ベルギー(4.0%)は10%を下回った。2011年12月29日(木)13時33分配信 中央日報日本語版

【関連記事】
韓国高齢者の3割超、経済的理由で病院に行けず!
韓国の求職者、6割が縁故採用!よそ者には厳しい!?
韓国の家、実は日本の家より狭かった!
20代、7人に1人が月約6万7千円以下!=韓国
時給327円以下の奴隷契約!韓国の格差社会広がる!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-02-04 00:33 | 政治・経済(1341)