改正入管法!在日韓国人等の特別永住者の特権は守られる!

<改正入管法>来年7月9日に施行


 政府は20日、現行の外国人登録制度を廃止し、新しい在留管理制度を導入する改正入管法の施行日を来年7月9日と定める政令を閣議決定した。在留外国人が携帯を義務付けられている「外国人登録証」は、ICチップを組み込んだ「在留カード」へ移行する。
 対象となるのは3カ月を超える在留期間決定を受けた外国人などで、150万人程度とみられる。在留者が現在所持している外国人登録証は施行から最長3年間、在留カードとみなされるため、すぐに切り替える必要はない。

 従来の外国人登録証は市区町村が発行するため不法滞在者に交付される恐れがあったが、在留カードは上陸許可や在留期間などの情報を持つ国が直接交付。不法滞在者への交付を防ぎ、在留外国人の情報を国で一元管理する狙いがある。また、在留カードには情報を記録したICチップが組み込まれ、偽変造されにくくなる。
 在日韓国人など国内に約40万人いる特別永住者については、外国人登録証に代わり、「特別永住者証明書」が交付される。在留カードと異なり、携帯義務はない。
2011年12月20日(火)20時27分配信 毎日新聞 【伊藤一郎】

【関連記事】
約5.4兆円支援も韓国からは感謝されず!韓国寄り!なぜ?
韓国、李明博大統領!「金をよこせ」と日本政府を脅迫!?
「主要敵国は日本」韓国の中高生40%以上が!
外国人参政権、早期成立を「約束」 民団式典 鳩山氏や公明代表
民主土肥議員、竹島領有権、日本は主張中止を!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-02-05 23:41 | 政治・経済(1341)