韓国プロサッカー、八百長に関与したのは63人

韓国プロサッカー、八百長に関与したのは63人


 【昌原聯合ニュース】韓国プロサッカー、Kリーグの八百長疑惑を捜査している昌原地検は7日、八百長に関与した54人を国民体育振興法違反の疑いで摘発し、元・現職のKリーガー37人、選手出身のブローカーら11人を起訴したと発表した。行方をくらましたブローカー6人は捜査を一時中断する「起訴中止」とした。

 6人を除いた48人のうち15人は起訴、元韓国代表でJ1の柏でもプレーしたFW崔成国(チェ・ソングク、28)ら30人は在宅起訴、3人は略式起訴した。
 これに加え、軍検察は軍所属チームの選手3人を起訴、6人を在宅起訴しており、一連の八百長問題で摘発された選手とブローカーは計63人となった。

 検察によると、選手らは八百長に関与した程度によってブローカーから1人当たりで最大3100万ウォン(約236万円)を受け取った。選手らは守備に積極的に参加せず、消極的なプレーをするなどして、試合で故意に負けたという。GKやDF、FW、MFなど、すべてのポジションの選手が八百長に加わった。
 崔成国はブローカーから金品は受け取っていないものの、八百長に関与した疑いがあるとして在宅起訴された。五輪代表の主将で韓国代表のDF洪正好(ホン・ジョンホ、21)は受け取った金をすぐに返しており、不起訴となった。

 今回の八百長には元・現役の韓国代表以外にも各チームの中堅選手をはじめ、デビューしたばかりの新人も加わっている。
 八百長が行われたと検察が判断した試合は昨年6日に開催されたカップ戦2試合と同年7~10月のリーグ戦7試合など、計15試合。Kリーグに加入している16チームの中で、起訴された選手が所属しているのは6チームに上る。
 一方、昨年の所属チームと現在の所属チームが違う選手が多く、各チームが八百長の事実を認識し、関与した選手をほかのチームに移籍させた可能性も指摘されている。
2011年7月7日(木)14時47分配信 聯合ニュース

【関連記事】
正直者が馬鹿を見る韓国の株式市場!不正し放題!?
公開SEX!?中高生の性を乱す不良軍団、一陣会!=韓国
芸能プロ経営韓国暴力団「出演させろ」と脅すのは日常茶飯事
韓国芸能人の「奴隷契約」。サインすると暴力団が!
韓国暴力団のオーディション!合宿も!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2011-10-02 20:39 | 社会問題(489)