韓国で史上最悪の口蹄疫被害、鳥インフルエンザも拡大

韓国で史上最悪の口蹄疫被害、鳥インフルエンザも拡大


ソウル(CNN) 韓国で史上最悪規模の口蹄疫(こうていえき)が発生し、韓国政府は約13万4000人の軍人を投入して被害の拡大防止に努めている。韓国農林水産食品省が20日に明らかにした。
当局はすでに200万頭の家畜を処分しており、今回の口蹄疫による被害総額は、ワクチン接種、家畜の処分、農家への補償などの費用を含め14億ドルに達する見込みだという。
食肉の輸出減少による損失も深刻だ。農林水産食品省によると、すでに確認された129例だけで損失は数百万ドルに上るという。

処分された豚は全体の22%、牛は4%に上り、韓国政府はこれ以上の被害を抑えようと、全国でワクチン接種を続けるなどの取り組みを行っている。
韓国政府は、11月28日に韓国南東部・安東で口蹄疫の発生が確認された直後に家畜の移動を制限し、畜牛市場の閉鎖を命じた。その結果、豚肉と牛肉の輸入が増加し、それらの販売価格はわずか1カ月間で9%も上昇した。また、韓国では鳥インフルエンザも拡大しており、すでに鳥400万羽が処分されている。
米農務省は口蹄疫を「牛と豚の深刻かつ感染性の高いウイルス病」と位置付けている。ワクチンもあるが、口蹄疫ウイルスには7種類の血清型の他に複数の亜型が存在し、ワクチンが流行株に適合しないと効果はない。2011年1月22日(土)9時33分配信 CNN.co.jp

【関連記事】
韓国で口蹄疫の被害が全国に拡大 140万頭の牛を殺処分
また口蹄疫が発生!韓国旅行の際は注意!
韓国でもユッケの食中毒。45店を行政処分!
韓国!肉の抗生物質検出、基準値違反率は日本の8倍
食の安全・食べ物関連記事一覧=韓国
[PR]

by love_kankoku | 2011-08-25 00:21 | 食品・食べ物(145)