入院天国の韓国、入院日数がOECD第2位…その裏では

“入院天国”の韓国、入院日数がOECD第2位…その裏では


慶尚南道(キョンサンナムド)のある総合病院では胃がんの手術をすると平均1カ月ほど入院する。通常は手術後退院し再入院した後で抗がん治療を受けるが、この病院はずっと入院させる。時には5~6週間入院したりもする。入院する時に輸液注射、血液検査などの処置と検査を受ける。このために患者の負担が上がり健康保険財政にも悪影響を及ぼす。こういう病院が多いため韓国が世界で入院日数が2番目に多い国と評価された。経済協力開発機構(OECD)が韓国保健医療体系(2009年基準)を初めて総括評価した結果だ。OECDは170の項目を分析し、保健福祉部、健康保険公団、健康保険審査評価院など14機関が参加した。

26日に発表されたこの報告書によると、韓国は患者1人が平均16.7日入院する。OECD平均の8.8日の2倍程度だ。日本の33.8日に続き2番目に長い。韓国は2000年の14日から9年間で2.7日増加した。同じ期間にOECD加盟国はすべて減少した。韓国だけが唯一増加した理由は、病院と病床がとても多い上、長く入院するほど病院の収益が上がるためだ。人口100万人当たりの病院数は55で、OECD加盟国で3位だ。人口1000人当たりの病床は8.3で2位だ。

また、患者1人当たりの医師の診察を受ける回数も年間13件で2番目に多い。OECD平均は6.5件だった。OECDは「診療回数を基準として診療費を支払うため医療供給者(病院・医院)が入院日数を増やし収益を増やしている」と分析した。韓国は病院を新しく建てたり病床を増やしたり高価な医療装備を導入する際に規制を受けない

OECDは韓国が地域の実情に合った一次医療体系を備えられていない点を根本的な問題と指摘した。開業医や保健所などが一次的に患者を管理してこそ病気の悪化を防ぎ大型病院への偏り現象を減らせるのに、そうしたシステムが崩壊しているということだ。このため糖尿やぜんそくなどの慢性疾患が管理できず病気を重くし入院する人が多くなり、急性心筋梗塞症で死亡する比率が高い

OECDは韓国医療を銀行の現金自動預払機(ATM)に例えた。健康保険審査評価院のキム・ソンミンOECDプロジェクト支援団長は、「1次医療をはじめとする必要な部分に医療財政を投じるべきなのにこうしたことを考慮せずに医療機関がサービスを提供するままに(自動で)金を支払うという意味」と話した。
2012年 2012年02月27日08時24分 中央日報

【関連記事】
韓国の病院は非常に不衛生!院内感染も恐れず、手も洗わず患者の口に指入れる!
今度は医療費詐欺か、日本人老夫婦が4千万円超被害=韓国
パーキンソン病大国韓国!世界最高水準
韓国、交通事故入院の16%が仮病~騙し取るため
ダウン症!発生率日本2倍以上!韓国生活の何が原因?
結核死亡率OECD中韓国が1位!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-02-28 23:23 | 社会問題(489)