韓国中小企業の7割「新入社員が1年未満で退職」

韓国中小企業の7割「新入社員が1年未満で退職」


 【ソウル聯合ニュース】韓国の中小企業で、1年以内に退職した新入社員がいる会社が7割に上ることが分かった。
 求人情報サイトのジョブコリアが5日、中小企業の人事担当者310人を対象とした調査の結果を明らかにした。それによると、昨年採用した新入社員のうち入社後1年以内に退職した社員がいるとの回答が70.0%を占めた。退職時期は入社から「3か月以内」が45.2%で最も多い。「6か月以内」は24.9%、「1か月内」は16.1%、「9か月以内」は7.8%だった

 人事担当者は新入社員が短期間で退職する理由として、「忍耐力不足」(52.3%)や「会社生活の理想と現実の大きなギャップ」(43.2%)、「組織への適応力不足」(32.3%)、「少ない年俸など低い待遇」(13.9%)などを挙げた。
2012年3月5日(月)14時58分配信 聯合ニュース

【関連記事】
異常な技術流出の数!技術販売で稼ぐ韓国人急増!?
5人に1人だけカウント!実態態とかけ離れた失業者統計=韓国
格差社会韓国!低賃金雇用比率がOECDで最悪!
高校生のアルバイト、時給320円ももらえない人が半数!=韓国
韓国の大学!はびこる「試験の替え玉」の悪習

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-03-06 00:04 | 政治・経済(1341)