韓国のほとんどの病院がぼったくり!過剰診療、3年で60%増加

病院の過剰診療、3年で60%増加


 大邱市のある大学病院は昨年、脳出血で入院した40代の患者に対し、30日間で24回もCT(コンピューター断層撮影)を撮った。撮影費用は1回6万6020ウォン(約4700円)、24回で160万ウォン(約11万4500円)ほどになる。韓国健康保険審査評価院は、30日間で特に症状の変化がなかったにもかかわらず、毎日のようにCTを撮影したことは過剰診療だと判定した。

 病院間の競争が激化するにつれ、患者の負担を重くする過剰診療が急増している
 本紙が6日に入手した健康保険審査評価院の資料によると、病院に対する過剰診療判定の件数は、2007年の1164万件から08年が1789万件、10年が1874万件と、毎年大幅に増加した。3年間の増加率は約60%に達する。

 過剰診療の金額も、07年の1678億ウォン(約120億円)から10年には1965億ウォン(約141億円)に拡大。昨年は上半期だけで1062億ウォン(約76億円)に達した。
 過剰診療が増えるにつれ、患者の不満も高まっている。統計庁報告書の医療に対する不満調査結果を見ると、高い医療費、不十分な治療効果などは横ばいだったのに対し、過剰診療への不満を挙げた割合は03年の10.7%から10年は25.5%に拡大した。

 最もよく見られる過剰診療は、軽い症状でもX線撮影やCT、MRI(磁気共鳴画像装置)などの高額な検査を勧めるケースだ。CTの撮影件数は、06年の241万件から10年には525万件と約120%増加し、MRI撮影件数も同期間で44万件から73万件に約66%増えた。専門家らは、CTやMRI検査を用いる分野が増えたことは事実だが、多くの病院はたくさん検査をした医師にインセンティブ(報奨金)を与え、撮影を促していると指摘する。

 また、韓国の患者の入院日数が経済協力開発機構(OECD)加盟国で2番目に長いことも、過剰診療の結果と見ることができる。長く入院するほど、病院の利益が上がるためだ。
 病院が白内障や痔(じ)などで必要以上の手術をしているとの意見もある。ソウル大学病院外科のパク・キュジュ教授は「韓国の入院診療で2番目に多いのが痔の手術だが、絶対に必要な患者にだけ手術をしているのかは疑わしい。手術が必要だと私の元に来る患者の10人に9人は、手術が必要ない」と話した。
 このほか、医師が診療をすればするほど利益が上がる「行為別報酬制度」も、過剰診療をあおっていると指摘される。

 ソウル大病院の李鍾求(イ・ジョング)対外政策室長は「韓国は予防に向けた医療サービスは少ない半面、手術などでは過剰診療の傾向にある。行為別報酬制度に代わり、病気ごとに治療費を決めておく『包括報酬制度』を徐々に拡大していく必要がある」と話している。
2012年3月7日(水)12時35分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
今度は医療費詐欺か、日本人老夫婦が4千万円超被害=韓国
韓国の病院は非常に不衛生!院内感染も恐れず、手も洗わず患者の口に指入れる!
韓国!屋台でもぼったくり横行!韓国人の4倍以上取られる
韓国「ボッタクリタクシー」恐怖体験記
メモ:整形の見分け方!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-03-10 00:13 | 政治・経済(1341)