韓米FTA:15日に発効、米国産食料品値下がり

韓米FTA:15日に発効、米国産食料品値下がり


 今月15日に韓米自由貿易協定(FTA)が発効するのに合わせ、大型スーパーマーケットは、米国産の食品、飲料の価格を一斉に引き下げることを決めた。また、ワイン輸入業者は15日から米国産のワイン供給価格を平均で10%引き下げると発表した。

 米国産の食品、飲料のうち、グレープジュースは15日から45%の関税が即時撤廃される。これに伴い、イーマートは12日、ウェルチのグレープジュース(1.89リットル)をこれまでに7650ウォン(約560円)から6100ウォン(約450円)に値下げすることを明らかにした。15-28日には、米国産ワイン「アポティック・レッド」(355ミリリットル)をこれまでの半額の1万7500ウォン(約1,280円)で販売し、他の米国産ワイン約80種も15-40%割り引く。米国産ビールで韓国で最もよく売れている「ミラー・ジェニュイン」(355ミリリットル缶)6本がこれまでより36%安い7770ウォン(約570円)で販売される。品目ごとに関税の引き下げ幅や流通コスト、利ざやが異なるため、値引き率はさまざまだ。

 ロッテマートは、15-21日に「米国産焼肉用牛肉フェア」を開催し、米国産カルビ(あばら肉)をこれまでより27%安い100グラム当たり1600ウォン(約120円)で、米国産ミスジ(肩肉)を10%安い1600ウォンで販売する。米国産オレンジも相場より15-20%安く供給する。カリフォルニア・ネーブルオレンジは大が1個1080ウォン(約80円)、中が850ウォン(約60円)で販売される。ロッテマートは22日から米国産レモン、グレープフルーツ、ナッツ類も最大で15%値下げする。

 業界関係者は「サクランボ、アーモンド、オレンジジュースなどは関税が即時撤廃される。既に輸入した分の在庫がなくなれば、無関税または引き下げ後の関税で輸入されたた商品が流通し、価格が下がる見通しだ」と話した。
2012年3月13日(火)8時47分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
韓国旅行!必ず空港で税金の還付を!韓国以外でも!
韓国の10世帯のうち9世帯「負債のため生計に負担」
しつこく言い続け、米国の立場を変えさせた韓国のいつもの手口!
改正入管法!在日韓国人等の特別永住者の特権は守られる!
正直者が馬鹿を見る韓国の株式市場!不正し放題!?

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-03-14 00:06 | 政治・経済(1341)