韓国旅行注意要!済州で流行性出血熱の新種ウイルス発見

済州で流行性出血熱の新種ウイルス発見


済州島(チェジュド)で、新型流行性出血熱ウイルスが見つかった。陸地から離れた国内の島で、流行性出血熱ウイルスが見つかったのは初めてのことだ。

高麗(コリョ)大学医学部・微生物学教室の宋珍(ソン・ジンウォン)教授チームは、日本国立感染症研究所と一緒に、済州島で、流行性出血熱を引き起こすハンタウイルスの新種を発見したと、13日明らかにした。研究チームは06年10月から10年9月にかけての4年間、済州島全域で「こじねずみ」51匹を採集し、肝臓や肺の組織について検査を行った。遺伝子の解析結果、8匹の組織から、ハンタウイルス属に属するウイルスが見つかった。研究チームは、「済州ウイルス」と命名した。

宋教授チームは09年、軍事境界線周辺の臨津江(イムジンガン)に生息するジャコウネズミから、ハンタウイルスの一種である「臨津ウイルス」を発見した経緯がある。済州ウイルスは、これとは異なる新種だ。これらのウイルスは、こじねずみやセスジネズミのような野鼠の体内に生息していて、排泄物を通じて外に出る。空気中に漂い、人の呼吸器を伝って体内に入れば、流行性出血熱を引き起こすことができる。
昨年11月、済州では、流行性出血熱患者が初めて発生し、研究チームはこの患者の症状が、同ウイルスによるものか確認する予定だ。我が国では毎年、500人ほどが流行性出血熱にかかっており、死亡率が5%にのぼり、「3群法定伝染病」に指定されている。
2012年3月14日 東亜日報

【関連記事】
韓国旅行の際は注意!韓国の公衆浴場の約30%に、監視カメラ!脱衣所にも!=韓国
韓国旅行時は注意!ソウルCOEXで通り魔多数現る!
ぼったくりタクシーでソウル観光に批判の嵐!警察は消極的
韓国整形ツアー、術後にトラブル多発!大使館が注意喚起ー中国
韓国の屋台、未だ食中毒多く、食品衛生の死角地帯!
韓国!残飯の使い回し合法化!

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-03-17 01:57 | 社会問題(489)