今年の韓国の経済見通し、外資系投資銀行が相次ぎ引き下げ

今年の韓国の経済成長見通し、外資系投資銀行が相次ぎ引き下げ


外資系大手投資銀行が今年の韓国の経済成長見通しを再び引き下げた。
国際金融センターが22日に明らかにしたところによると、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレーなど主要海外投資銀行10社が2月末基準で出した今年の韓国の経済成長見通しの平均は3.3%だ。9社が1月末基準で発表した平均見通しの3.4%から0.1ポイント下落した。

投資銀行の韓国経済成長見通しは昨年下半期以後下落傾向を続けている。昨年7月には4.4%だったが9月には3.9%に下がるなどなど下り坂を歩いている。
UBSは投資銀行の中で最も低い2.1%を提示した。UBSとともに悲観的な見解を守ってきた野村は、韓国の輸出と内需の目立った回復は難しいとして成長見通しをこれまでの3.0%から2.7%に下げた。
2012年03月22日11時11分 提供:中央日報

【関連記事】
韓国のCDSが急上昇、リーマンショックを超える金融危機か!
韓国版サブプライム危機が激化 世界経済に再び暗雲か
生活必需品7割が価格上昇 豚肉など高騰続く=韓国
5人に1人だけカウント!実態態とかけ離れた失業者統計=韓国
正直者が馬鹿を見る韓国の株式市場!不正し放題!?

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-03-24 22:35 | 政治・経済(1341)