ラーメン談合:農心など4社、10年間不当に値上げ

談合:農心など4社、10年間不当に値上げ


 ラーメンメーカー各社が過去10年間にわたり、談合によって価格をつり上げていたことが分かった。ラーメンは韓国国民が平均で週に1.5回は食べるという「国民的食品」だけに、韓国社会に衝撃が走っている。
 韓国公正取引員会は、2001年から10年まで価格を談合していたラーメンメーカー各社を摘発し、課徴金1354億ウォン(約100億円)の納付を命じたと発表した。

 2001年5月21日、農心は辛ラーメンの価格を1袋450ウォン(現在のレートで約33円、以下同じ)から480ウォン(約35円)に値上げすると発表した。その10日後、三養ラーメン(三養)とワンラーメン(韓国ヤクルト)の価格が、7月1日には真ラーメン(オットゥギ)の価格が、いずれも480ウォンに上がった。市場シェアが100%に肉薄するこれらの4大メーカーは、担当の役員・社員が電話、電子メール、会議などを繰り返し、価格について綿密に協議していたことが、公取委の調査で分かった。

 その後、世論の反発で2010年2月に三養が6%値下げしたものの、それまでは「庶民の代表的な食べ物」とされるラーメンの価格が4大メーカーの密約によって決められていた。談合により、過去10年間でラーメンの価格は56%も値上がりした。ある民間研究所の関係者は「ラーメンメーカー各社の10年間の売り上げは15兆ウォン(約1兆円)に達するが、このうち約3兆ウォン(約2200億円)が値上げの分だ。談合が行われず、価格上昇幅が半分に抑えられていれば、消費者は余計な1兆5000億ウォン(約1100億円)を払わずに済んでいたと考えられる」と指摘した。

 各メーカーの課徴金は、農心が1078億ウォン(約79億円)、三養が116億ウォン(約8億円)、オットゥギが98億ウォン(約7億円)、韓国ヤクルトが63億ウォン(約4億6000万円)。公取委によると、三養は調査過程で、課徴金の減免措置を受けるために談合を自主申告したため、課徴金を全額免除されるという。
2012年3月23日(金)9時37分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
英、韓国辛ラーメンなど大量輸入禁止
カルテル国家?韓国企業の66% 政府からの価格規制
韓国の大企業20グループ、約半数が三角持ち合い
韓国の 中小企業の60%、大企業と「不当な取引」経験
サムスンにとって韓国の法律は法律ではないのか

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-03-25 23:41 | 政治・経済(1341)