「福島より安全」?韓国古里原発の停電事故のショック

「福島より安全」?韓国古里原発の停電事故のショック


韓国の古里(コリ)原発1号機の完全停電事故は、正常稼働中でも事故が発生するという点を表した代表的な例だ。いかなる状況でも電力が供給されるように3重、4重の非常電源設備を整えておいても、今回のようにブラックアウトが発生するおそれがあるということだ。
韓国水力原子力側は昨年、福島原発事故が発生した際、韓国は非常電源が十分に整っているのでブラックアウトは発生しないと強調した。しかしこうした言葉は古里1号機で虚言になってしまった
古里1号機には別の電線を通って入ってくる外部電源2線、非常ディーゼル発電機2台、予備非常発電機1台がある。これら外部電源は非常時に順に作動することになっている。

事故当時、外部電源の1線は整備のために断たれ、別の線は整備員のミスで作動しなかった。遮断機が落ちたのだ。こうした状況なら、自動で直ちに2台の非常ディーゼル発電機が稼働しなければならないが、反応しなかった。マニュアル通りなら、停電の原因究明と併行し、直ちに予備非常発電機を稼働しなければならないが、そえさえもしなかった。この過程で12分間にわたり冷却水も循環しなかった

韓国水力原子力側は「予備非常発電機を稼働するには10分間ほど必要だが、12分で問題が解決されたので予備非常発電機は稼動しなかった」と釈明した。韓国原子力研究院のペク・ウォンピル博士は「原発稼働中にこうした事故が発生したとしても、数時間は十分に持ちこたえられるので安全には異常がない」と診断した。
今回は停電の復旧が簡単で12分しかかからなかったが、問題は解決が容易ではない状況が発生するおそれがあるという点だ。福島原発も大停電が発生しても数時間以内に復旧できると判断していた。しかし数十日が過ぎても電源を復旧できず、チェルノブイリ事故以来の最も大きな原発事故として記録された。韓国でもブラックアウトが発生する場合、今回のようにすぐに復旧されるという保証はない。

韓国水力原子力が1カ月以上も事故を隠したのは、原発運営者の安易な安全意識のためだ。原発事故は原子力安全規制機関である原子力安全委員会に即時報告することになっている。小さな事故が大きな事故につながるおそれがあるためだ。こうした規定を無視して1カ月間も隠した
東京新聞など日本メディアは今回の事故を詳細に伝え、敏感な反応を見せている。福島原発事故が電源途絶で発生したためだ。
古里1号機は1978年4月に商業運転を始めた後、07年6月に設計寿命満了で稼働が中断された。しかし08年1月17日、政府から10年期限の再稼働承認を受けた。
2012年3月14日(水)9時11分配信 中央日報日本語版

【関連記事】
<原発技術者>東電人材流出やまず 韓国が引き抜き攻勢
韓国の原発、またトラブルで運転停止!企業が緊急節電へ
韓国で繰り返される原発故障!低技術での危険な火遊び!
韓国が原発を19基、新たに日本海側へ建設!
停電が多発する国、韓国!もの作りに適した国なのか?

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-03-26 21:18 | 政治・経済(1341)