韓国セリヌ党、性暴行議員とパクリ議員が抜け単独過半数落ち

<韓国>与党セヌリ党、単独過半数から脱落 2人離党


 【ソウル西脇真一】11日に実施された韓国総選挙(定数300)で与党セヌリ党から出馬した当選者2人が、選挙後に浮上したスキャンダルで18日と20日に相次いで離党。セヌリ党の議席数は152から150となり、単独過半数の座から滑り落ちた。韓国メディアは激戦を制した朴槿恵(パク・クンヘ)・党非常対策委員長の指導力に「打撃」などと報じている。

 いずれも男性で、一人は18日に性的暴行疑惑で、もう一人は20日に博士論文盗用問題で離党した。セヌリ党報道官は20日、「候補公認過程で盗用を検証できず、国民に心より申し訳ない」と謝罪した。
2012年4月20日(金)19時35分配信 毎日新聞

【関連記事】
詐欺?窃盗?韓国国会議員選挙、比例代表の2割に前科記録
米紙「韓国は盗作の天国」と報道、盗作疑惑の候補が議員当選
韓国副首相が辞意表明、論文盗作疑惑で引責
韓国議員ら「戦犯日本企業リスト」公表 現地世論の反応は?
北朝鮮代表と韓国議員、国連「場外乱闘」つかみ合い
韓国議員『セックスとカジノ特区を設立すべき』と発言

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-04-24 00:27 | 政治・経済(1341)