校内暴力:児童・生徒67万人が被害か=韓国

校内暴力:児童・生徒67万人が被害か


 韓国国内の小学校、中学校、高校のうち、中学校の校内暴力が最も深刻な状況にあることが分かった。
 政府が今年初めに全国の小中高校1万1363校の児童・生徒を対象に「校内暴力の実態」について聞き取り調査を行ったところ、中学生に関しては3人に1人(33%)が「自分の通う中学校に一陣会(暴力サークル)が存在する」と回答した。これは小学校4-6年生(23.7%)や高校生(11.6%)に比べると非常に高い数値だ。

 最近いじめを受けて自殺した生徒が通っていた慶尚北道の栄州中学校の場合「一陣会のメンバーがいる」と回答した生徒の割合は68%で、全国で21番目に高かった。
 この調査でアンケートに答えた136万6799人(韓国の児童・生徒全体の25%)のうち「校内暴力で被害を受けた」と回答したのは16万7000人だった。この結果について、校内暴力予防センターのキム・ゴンチャン事務総長は「全ての児童生徒にアンケートを行った場合、66万8000人以上の被害者が存在すると推測できる数値だ」と述べた。

 「一陣会がある」と回答した児童・生徒が100人以上いた学校は全国で656校あり、1人以上いた学校は9579校だった。
 市・道ごとに見ると「一陣会がある」と回答した児童・生徒の割合は、江原道(28.8%)が最も高く、続いてソウル(26.8%)、大田(26.3%)と続いた。江原道の中学校に限ると「一陣会がある」と回答した割合は43%と最も高かった。

 全ての小中高校生を対象とした「校内暴力で被害を受けた経験はあるか」との質問では、江原道(15.1%)、忠清南道(14.8%)、ソウル(14.2%)の順で割合が高かった。忠清南道の小学生の場合、10人に2人(19.2%)が「校内暴力で被害を受けた経験がある」と回答していた。
 校内暴力対策に取り組む市民団体「マウル共同体教育研究所」のムン・ジェヒョン所長は「江原道が他の地域に比べて校内暴力が深刻な状況にあるのは、この地域には中小都市が多いからだ」「校内暴力は一般的に生徒間の勢力争いが頻繁に発生する中小都市で多くなる傾向にある」と述べた。
 教育関係者や警察などによると、中学生の間で発生している校内暴力は、最近は執拗(しつよう)かつ過激化する傾向が見られるという。

 専門家によると、急激な成長期にある中学生のときに、自らの行動を自制できない生徒たちの暴力サークルは、徐々に組織化される傾向にあるという。そのため「中学校の校内暴力に対しては、政府次元で強い対策が必要」との声が上がっている。
2012年4月20日(金)13時26分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
公開SEX!?中高生の性を乱す不良軍団、一陣会!=韓国
誰も手を出せない『一陣会』の実態!卒パンや性接待も=韓国
国際結婚家庭の子どもたち、37%がいじめを経験=韓国
韓国!小中高8割以上の学校に一陣会あり!
同じ韓国人にいじめられ、米大学で銃乱射!7人死亡。

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-05-02 01:24 | 社会問題(489)