子どもの幸福指数、韓国は4年連続OECD最下位

子どもの幸福指数、韓国は4年連続OECD最下位


 韓国の子どもたちは、物質的な幸福感は感じているものの、実際の自分の暮らしについて「幸せ」と感じている割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち最も低いことが分かった。
 子どもの日を翌日に控えた4日、韓国方定煥(パン・ジョンファン)財団の協力を得て延世大学社会発展研究所が発表した資料によると、韓国の子どもたちの物質的な幸福指数はOECD加盟国の中で調査結果のある18カ国のうち4位だった。だが、主観的な幸福指数は、同じく調査結果のある23カ国のうち最下位だった。韓国は4年連続で最下位だ。

 オーストリアやスペインなどの子どもたちは、物質的な幸福度と主観的な幸福度の順位がほぼ一致している一方、韓国は大きく差が開いた。延世大学社会学科のヨム・ユシク教授は「韓国の子どもたちは、どの国よりも物質的には豊かな暮らしをしていると考えているが、最も長い時間を過ごす学校では暴力を経験し、こうしたことが原因で家出や自殺まで考えており、主観的な幸福度が低いとみられる」と指摘した。
 物質的な幸福指数は「家族のうち成人(大人)は仕事に就いているか」「家に本が10冊以上あるか」「勉強できる机、勉強できる静かな場所があるか」などについて質問し、経済的な豊かさを測定した数値であり、主観的な幸福指数は「学校生活が好きか」「自分の暮らしに満足しているか」などを質問し、自らをどれくらい幸せだと思うかについて数値化したものだ。

 今回の研究は、済州道を除く韓国全土の小学校4年から高校3年のうち計6791人を対象にアンケート調査を実施し、世界保健機関(WHO)とOECDがそれぞれ2006年、03年に実施した調査結果と比較して分析した。
2012年5月5日(土)10時3分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
公開SEX!?中高生の性を乱す不良軍団、一陣会!=韓国
国際結婚家庭の子どもたち、37%がいじめを経験=韓国
ソウルの小中高校生25%が行動障害
韓国の青少年、33%がゲーム中毒
実の娘に10年間、性的暴行を繰り返した男を逮捕=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-05-13 00:23 | 社会問題(489)