日韓の友情映画にも「なぜか」反日教育!?

日韓の友情映画 お定まりの日本人像にうんざり


 上映前のトークイベントで、日韓双方の出演者やスタッフが、やたら「日韓友好の懸け橋に」と連発するので、逆にイヤな予感がしていたのだが、案の定だ。日本統治時代の朝鮮に渡り、植林事業などに貢献した浅川巧(たくみ)(1891~1931年)の生涯と朝鮮人青年との友情を描いた映画『道~白磁の人~』(高橋伴明監督、6月9日公開)のことである。

 浅川のように朝鮮の発展のために尽くし、真摯(しんし)な態度で朝鮮の人たちと接した日本人を取り上げたのは大いに評価していい。だが、「浅川=善」と対比させるために、「お定まりの日本人像=悪」が登場するのはいただけない。日本軍人が電車で座っていた朝鮮人のお年寄りを「じじい」呼ばわりした上、席から追い払ったり、独立運動のデモをしている朝鮮人の若者たちに向けて、日本軍がいきなり発砲して撃ち殺したり…。オイオイ、そんな極悪人ばかりじゃないだろう?

 日本の朝鮮統治で「差別や暴力がなかった」というつもりはない。統治時代当初の『武断政治』の時代と、1919年3月1日に起きた大規模な抗日運動「3・1独立運動」以降の『文化政治』の時代とでは、日本の統治方針が大きく変わった(本作は、武断政治の時代)ことも知っている。
 それでも、多くの日本人は浅川のような人たちだった。高い志と情熱を持って朝鮮の近代化のために身を投じたのである。日本統治時代に育った朴贊雄氏は「日本統治時代を肯定的に理解する」(草思社)にこう書いているではないか。《日本による植民地化は、朝鮮人の日常の生活になんら束縛や脅威を与えなかった》《日本の植民地になったおかげで、文明開化が急速に進み、国民の生活水準がみるみるうちに向上した》と。

 日本に3度勤務した洪●・元駐日韓国大使館公使(現・桜美林大学韓国文化言語学堂長)によれば、戦後60年以上たっても「反日」がなくならない理由は「感情」ではなく「イデオロギー」だから、であり、「反日」を意図的に煽(あお)る勢力が日韓に存在するという。“ワルの日本人”が描かれるたびにイメージは固定化され、増幅されていく。揚げ句は「従軍慰安婦」「強制連行」など統治時代には存在すらしなかった言葉まで独り歩きしてしまうのだ。
 真に日韓友好を願うなら、芸術分野ぐらい勇気をもって「お定まりの日本人像」から脱却してはいかがだろう?●=榮の木が火
2012年05月11日11時31分 産経新聞 (文化部編集委員 喜多由浩)

【関連記事】
韓国の反日教育が実る!?朝鮮戦争=日本が侵略した戦争
韓国紙 産経黒田氏の慰安婦未解決「韓国のせい」と珍しく正確に紹介
しつこく言い続け、米国の立場を変えさせた韓国のいつもの手口!
韓国、東日本震災の義援金を2割しか被災地に送らず、7割を独島活動など反日に
「主要敵国は日本」韓国の中高生40%以上が!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-05-13 23:34 | 政治・経済(1341)