韓国の食品価格上昇率6.4% OECDで3番目

韓国の食品価格上昇率6.4% OECDで3番目


 【ソウル聯合ニュース】経済協力開発機構(OECD)の物価動向によると、韓国の5月の食品価格は前年同月比6.4%上昇した。
 OECD加盟国の中ではチリ(6.7%)、アイスランド(6.6%)に次ぎで3番目に高い。加盟国の上昇率は平均で2.6%。

 韓国は干ばつなどの気象要因により、野菜などの農産物価格が急騰した。韓国統計庁によると、5月の生鮮食品価格は前年同月比で13.9%上がった。トウガラシ粉(75.1%)、白菜(96.1%)などの価格が大幅に値上がりした。

 エネルギー価格の上昇率は5.7%と、OECD平均より2.7ポイント高かった。食品とエネルギーを除くコア指数の上昇率は1.5%で、平均(1.9%)を下回った。
 OECDは農産物だけでなく、畜産物、水産物、食品などの価格をコア指数の対象から除くが、韓国は農産物と石油類は除くものの、穀物、畜産物や水産物などを含める。韓国統計庁が発表した5月のコア指数の上昇率は1.6%だった。
2012年7月5日(木)12時49分配信 聯合ニュース

【関連記事】
昨年の韓国の食品物価上昇率、OECD加盟国で2位
韓国各地で猛暑、干ばつ深刻化で野菜高騰!
韓国の雇用率59%、EUの危機国家スペイン、イタリア並み
格差社会韓国!低賃金雇用比率がOECDで最悪!
今年も白菜の高騰を受け、中国産白菜大量輸入!
キムチ!食べると白血病?白菜に劇薬使用が横行!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-07-09 01:27 | 政治・経済(1341)