韓国最高裁、韓国に無いものはパクってもOK!?笑笑訴訟で

「笑笑」類似の居酒屋、商標権裁判で審理差し戻し


a0232045_23114930.jpg韓国大法院(最高裁に相当)2部は9日、韓国で日本式居酒屋「WARAWARA」をフランチャイズ展開するF&Dパートナーが商標登録をめぐり、日本で居酒屋「笑笑(わらわら)」を展開するモンテローザ(東京都武蔵野市)と争った商標権紛争訴訟で、韓国側敗訴の下級審判決を破棄し、審理を特許裁判所に差し戻す判決を下した。

 大法院は判決で、F&Dが2007年に商標登録を出願するまでに韓国で独自に相当の知名度を獲得していたのに対し、日本の「笑笑」という居酒屋ブランドは韓国ではほとんど知られておらず、モンテローザは同商標で韓国市場に進出する計画も立てていなかったと指摘した。
 その上で、F&Dがモンテローザの韓国進出を阻止したり、日本側に代理店契約の締結を強制したりするために「WARAWARA」という商標の登録を出願したわけではなく、不当利益を得るのが目的だったと断定することはできないとし「不当な目的で商標を使用したと判断した下級審の(韓国側商標権の無効)判決は法理を誤解したものだ」と判断した。
 F&Dは韓国で2001年から「WARAWARA」という商号で営業を行い、07年に商標登録を行った。これに対し、モンテローザは韓国の特許審判院に商標登録無効審判を行い勝訴。その後、判決を不服とするF&Dが特許裁に提訴し、両社の紛争は長期化している。 2012年7月10日(火)8時12分配信 朝鮮日報日本語版

韓国を訪れる日本人は年間約350万人!日本を訪れる韓国人は年間約160万人。在日韓国・朝鮮人は約55万人。韓国・朝鮮人系日本人は約30万人。それだけでも、知名度と言っていいとは思いますし、名前を使って十分不当な利益を得られる気がしますが・・・、韓国最高裁のお墨付き!さすがパクリ大国韓国ですね!

【関連記事】
笑笑商標訴訟 日本側勝訴、韓国側争う姿勢
サムスンのパクリ病はもはや中毒、訴えられるのは日常茶飯事
日本の技術流出が深刻!新日鉄に続けるか、裁判行方に注目
また論文ねつ造?ソウル大教授、指摘を受け4本の論文を撤回
ねぶたをパクった韓国の『燃灯会』。ごり押しPRに自国からも反発
併合時の徴用、日本企業への賠償請求を認める=韓国最高裁

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-07-15 00:26 | 社会問題(489)