車内の化学物質、韓国の現代・起亜自Gが有害性で世界最悪

車内の化学物質、現代・起亜自が有害性トップ


 米環境研究機関のエコロジー・センターが自動車の車内に存在する化学物質の有害性について調べたところ、メーカー15社のうち現代・起亜自動車が最も有害性が高いという結果が出た。同機関はミシガン州にある非営利の研究機関で、毎年調査を実施している。

 同機関はこのほど、2011年、12年モデルの新車204台の車内の化学物質、素材に使用された化学物質などを分析した。その結果、車内の有害物質が最も少なかったメーカーはホンダだった。以下、2-5位はスズキ、日産、フォルクスワーゲン、トヨタ、6-10位はフォード、ゼネラルモーターズ(GM)、BMW、スバル、ボルボと続き、11-15位はサーブ、ベンツ、クライスラー、三菱、現代・起亜自の順となった。現代・起亜自は米国での販売台数を急速に伸ばしている一方で、環境問題への配慮という新たな課題が浮かび上がった。

 有害化学物質は、車内のプラスチック、織物、皮革などの加工過程で発生する。発火性を抑える難燃剤、ベンゼン、トルエンなどの揮発性有機化合物は、頭痛や成長障害、ホルモン障害などを誘発する危険性があるとされる。

 韓国国土海洋部(省に相当)も昨年8月、韓国で販売されている乗用車の車内空気を分析した結果、起亜自のモーニング、現代自のベロスター、韓国GMのオーランド、アルフェオンなどの車種で改善が必要だとする結果を発表していた。
2012年7月11日(水)10時2分配信 朝鮮日報日本語版

参考:韓国現代-起亜自動車グループの問題点
 2006年4月 チョン・モング会長が横領や背任の容疑で逮捕・懲役になっているが現在も会長として在職
 2007年1月 韓国政府が高関税戦略を取っているため、独占による不正販売が横行と韓国公取委が判定
          さらにダンピングも行われ、韓国への逆輸入する動きも起きているなど、現在も問題多い。
 ホンダのアコードやインフィニティFX、インスパイヤ、トヨタのカムリなどパクリが横行。
 広告に相撲を使い、日本車を装った疑惑ももたれている。
 また、世界最悪といわれる敵対的労使関係であり、ストが多く経営を圧迫している。


【関連記事】
韓国現代車、中国で9万7000台リコール。なんと走行中にエアバックが開く!?
韓国車の急発進事故多発!今度はパトカーが壁に激突
韓国の新型パトカー、米警察のデザイン盗用か
「日本車真似た?」 韓国でデザインまたパクリ!
大惨事が起きてないのは奇跡!恐くて乗れない韓国鉄道
サムソンのスマホ、ギャラクシーS3が突然、内側から火・爆発!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-07-17 00:42 | 政治・経済(1341)