韓国における口蹄疫の発生状況

韓国における口蹄疫の発生状況 2011年7月28日13時現在 農水省

・昨年11月29日に慶尚北道の安東市で発生した口蹄疫は、全8道のうち2道(全羅北道、
全羅南道)と済州島を除き、韓国全土にまん延。

・韓国政府は、昨年12月にワクチン接種を決定。今年2月26日までに、全国のすべての牛及
び豚のワクチン接種(2回接種)を終了。4月3日、一連の発生が終息しすべての地域
で移動制限を解除(最終発生は2月25日)。

・しかしながら、今年4月17日に慶尚北道の永川市で再発し、4月22日までに同市内で3例報
告(全て豚)。
・現在、定期的な全土のワクチン接種を含む口蹄疫コントロール及びワクチン接種清浄
国ステータスの取得を目指している。

a0232045_16312842.jpg


2011.10.31追記:韓国・浦項の韓牛飼育農場で10月31日、再び口蹄疫と見られる牛を発見。

【関連記事】
韓国で口蹄疫がまた発生「ワクチン接種したのに」農家混乱
韓国で史上最悪の口蹄疫被害、鳥インフルエンザも拡大
韓国で口蹄疫の被害が全国に拡大 140万頭の牛を殺処分
韓国旅行注意要!済州で流行性出血熱の新種ウイルス発見
韓国で日本脳炎!韓国旅行の際はご注意を!
また口蹄疫が発生!韓国旅行の際は注意!
[PR]

by love_kankoku | 2011-08-28 22:41 | 食品・食べ物(145)