社民党福島瑞穂と慰安婦の偽りの歴史=韓国

遅れてきた帝国主義 - 池田 信夫


日本は朝鮮半島を植民地支配して搾取し、創氏改名などの屈辱的な制度を強制して、従軍慰安婦や強制連行で朝鮮人を酷使した――と思っている日本人は、まだ少なくないだろう。私も20年前にNHKの終戦特集で韓国を取材したときは、そう思っていた。私の班は男性の強制連行、もう一つの班は女性の慰安婦をさがすのが目的だった。

しかし1ヶ月かけて50人ぐらいインタビューした結果、男女ともに「私は軍に強制連行された」という人は1人もいなかった。「口入れ屋にだまされて炭鉱に行ったら、タコ部屋でひどい目に合った」とか「女衒にだまされて戦地に連れて行かれた」という話はあったが、昔の思い出としてカメラの前で淡々と話してくれた。
それではネタにならないので、番組は「告発調」になった。男女とも強制連行はしなかったが、一部の人が自由に帰れなかった事実はある。彼らの運搬や慰安所の管理に軍が関与した事実もあった。そういう書類をもとにして「日本にも道義的責任はある」というのが私のつくった番組のトーンだったが、もう一つの班は慰安婦を登場させて福島瑞穂氏に「これは日本の戦争犯罪だ」と言わせた

これが大反響を呼んだ。福島瑞穂氏は「日本軍が朝鮮人にセックスを強制した」という性的好奇心に訴え、他のマスコミにも売り込んだ。特に朝日新聞が「慰安婦が女子挺身隊として強制連行された」という誤報(リンク先は池田氏のブログ)を流したたことが、この問題に火をつけた。これは明白な誤りで、そのとき名乗り出た慰安婦も「女衒に連れて行かれた」と証言していたのだが、のちに裁判では「軍に連行された」と証言をひるがえした

「従軍慰安婦」は嘘だが、これに象徴される彼らのトラウマを生んだのが日本の植民地支配であることは明らかだ。その元をたどれば、本書も描く朝鮮の独立運動に始まる。今の北朝鮮のような状態になっていた李氏朝鮮を倒すために、金玉均などの改革派は近代化の先輩である日本の支援を求めた。これを受けて日本は朝鮮に介入したが、これが日清戦争の原因となって日本は朝鮮半島を支配せざるをえなくなった。

結果的には植民地支配は失敗であり、朝鮮人に日本に対する恨みを植えつけただけで、経済的な収支はマイナス(リンク先は池田氏のブログ)だった。植民地の収益率が高かったのは19世紀前半までであり、20世紀の帝国主義は時代遅れの戦略だった。「遅れてきた帝国主義国」としてその最後尾について行った日本は、高い授業料を払って植民地支配の愚かさを学んだのだ。

今夜10時からのニコ生アゴラでは、片山さつきさん(参議院議員)と西岡力さん(東京基督教大教授)とともに、日韓関係の最大の障害になっているこの問題を解決する道をさぐる。
2012年8月7日(火)16時26分配信 アゴラ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120807-00000307-agora-pol





慰安婦について調査委員会を設置せよ

きのうのニコ生アゴラは「慰安婦」というマイナーなテーマだったが、「とても良かった」と「良かった」の合計が96%という最高記録だった。あらためて確認したのは、この問題は朝日新聞が捏造したものだということである。

1991年8月に元慰安婦の金学順が日本政府に対する訴訟の原告としてカミングアウトしたときは、「親に40円でキーセンに売られた」と訴状に書いていた。ところが朝日新聞の植村隆記者は「女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦のうち、一人が名乗り出た」と報じ、これが騒ぎの発端になった

西岡力氏もいうように、これは誤報ではなく意図的な捏造である。なぜなら植村記者の妻は韓国人で義母が訴訟の原告団長だったので、韓国語の読める植村記者は訴状の内容を知っていたはずだからである。彼はこれが単なる人身売買である事実を知りながら、義母の訴訟を有利にするために「日本軍の強制連行」という話にしたのだ。

そして1992年1月の1面トップ記事で植村記者は「慰安所 軍関与示す資料」と、軍が慰安婦を強制的に集めていたような印象操作を行ない、その直後に訪韓した宮沢首相は韓国の大統領に8回も謝罪した。そして1993年の河野談話で、官房長官が「官憲等が直接これに加担した」とこれを認めるような発言をしたため、「日本政府も認めた」という印象を世界に与えてしまった

しかし吉見義明氏でさえ認めるように、朝鮮半島で日本軍が慰安婦を強制連行した証拠は一つもない。これは歴史的事実としては決着のついた話だが、韓国では政権が不安定になると「歴史問題」が蒸し返される。今年5月の李明博大統領と野田首相の1時間の会談のうち、40分が歴史問題だったという。軍事情報包括保護協定が歴史問題を理由に土壇場でキャンセルされるなど、この問題を片づけないと日韓関係は正常化しない。

これまで外務省は、問題が蒸し返されるたびに、表向きは謝罪したような文書を出して韓国側と裏で「手打ち」してきたが、これがかえって「日本は事実を認めた」と見られて話をこじらせた。特に問題を理解していない日韓のマスコミが騒いで、問題を悪化させてきた。朝日新聞は最近は慰安婦問題にはふれず、社説では「強制があったかどうかは本質的ではない」などと逃げている。
西岡氏は、北朝鮮の拉致問題のように政府が外務省から独立した調査委員会をつくって事実関係を徹底的に調査すべきだと提案し、片山さつき氏も賛成だった。自民党が「保守」の旗幟鮮明にできる格好のテーマだろう。この調査委員会には植村記者を喚問して、朝日新聞の責任を追及すべきだ
2012年08月08日 01:40アゴラ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120808-00000302-agora-pol

参考:慰安婦について(Wikiより)
韓国では強制連行かつ無報酬の性奴隷であったとする主張が主流であるが、実際には韓国紙京城日報などに地元の売春業者が広告をうち、賃金を明記して募集した。それに対して日本軍は強制などがないか取り締まっていた。仕事に関しては、今で言うキャバクラのようなものから売春行為まで行っていて、こういう軍の周りで売春行為が行われる風習は日本だけ特殊というわけではなく当時は世界中で当たり前のように行われており朝鮮戦争後には米軍も行っていた。
一方、人数について韓国の教科書には、650万人が強制労働させられ、そのうち数十万人が慰安婦として強制連行されたとあるが、実際には、2万人くらいが自ら募集に応じたというのが有力で、李栄薫ソウル大学教授が指摘している通り、当時の16歳から21歳の朝鮮女性は125万人であり、20歳から40歳の朝鮮人男性は321万人であるため、間違っている。
ちなみに、よく聞かれる慰安婦20万人という数字は、20万人の挺身隊(労働工)として募集されたうち朝鮮人の挺身隊が5~7万人だったという韓国紙の報道を捻じ曲げたもの。
なお、この問題は、1965年に韓国政府と条約を締結し解決済みであったが1982年から韓国が問題にし始めている。


【関連記事】
民主党・社民党幹部に帰化の子孫多い!石原都知事が発言。福島瑞穂も?
再燃する慰安婦問題 池田 信夫
韓国、李明博大統領!「金をよこせ」と日本政府を脅迫!?
wikiで見る韓国の驚愕、性犯罪(1)韓国版慰安婦ライタハン 他
韓国人がNYで慰安婦ビラを配布、各国の大使に資料送付も
反日?韓国の国際的な嫌がらせ!今度は国連へ。慰安婦問題で

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-08-10 23:08 | 政治・経済(1341)