配慮に重きを置いた韓国外交を見直す時=安倍元総理

韓国・李明博大統領に批判相次ぐ 安倍元首相「常軌逸している」

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、竹島問題や、いわゆる「慰安婦」問題に加え、天皇陛下の訪韓に関連して、日本への批判を強めていることについて、15日、日本政府や与野党からの批判が相次いだ。
野田首相は「理解に苦しむ発言で、遺憾であります」と述べた。
藤村官房長官は「わが国政府から、韓国側には抗議を今、しているところであります。韓国側が非建設的な発言をされることは、日韓関係が関心を集める国際社会において、韓国ご自身のためにもならない」と述べた。

野田首相と藤村官房長官は、李大統領の発言を批判したうえで、一時帰国中の武藤韓国駐在大使らと対応を協議した。
また、玄葉外相は、外務省の杉山アジア大洋州局長が、東京の韓国大使館の公使に対して抗議したことを明らかにしたうえで、韓国への対抗措置について、「必要な相応の措置というものは、とらざるを得ないということになります。毅然(きぜん)と対応していきます」と述べた。

また、藤村官房長官も、対抗措置について「早急に検討するべく、各関係部署で詰めている」と述べたうえで、日韓通貨スワップ協定など、両国間の協定や協定交渉の見直しも検討対象とする方針を示唆した。
一方、自民党の安倍元首相は、李大統領を強く批判したうえで、これまでの韓国への「配慮」を意識した外交を転換する必要性を強調した。

自民党の安倍元首相は「李明博大統領の竹島への上陸、陛下に関する発言は、常軌を逸していると思います。また、今までの自民党時代の韓国に対する、ある意味、配慮に重きを置いた外交というものも、反省を込めて、われわれ、見直しをする時を迎えているのではないかなと思います」と述べた。
また、民主党議員からは、李大統領の発言に抗議する国会決議を行うべきだとの意見も出ており、波紋は広がるばかりとなっている。
2012年8月15日(水)20時32分配信 フジテレビ系(FNN)


参考:日本が韓国に対して援助や優遇している主なものの一部
 ・約5.4兆円もの通貨スワップ協定による経済援助(ちなみに韓国は日本が勝手にやったと言っている)
 ・韓国の国債金利の安定のための韓国国債購入
 ・日本の地上波による韓流ドラマの放送。(韓国では日本のドラマ地上波放送は未だ禁止)
 ・日韓漁業協定問題
 ・韓国の要望に応えた農薬の残留基準値を緩和
 ・韓国産キムチ衛生検査3年間免除
 ・食中毒が多発している韓国産ヒラメの検査免除
 ・在外投票権をもつ約50万人の在日韓国・朝鮮人への数々の優遇。(wiki

  例えば、通名の公的使用、犯罪者も韓国系日本人ももちろん、区別せず新聞にも日本人として・・・などなど
 ・市場規模約21兆円(2009)で在日韓国・朝鮮人の経営が9割を占めるパチンコ業界。(wiki)
  北朝鮮の資金源や脱税の温床等問題が多いも、警察や政治家・マスコミとの癒着なのか未だ違法操業を黙認。
 ・北朝鮮侵略時の周辺事態法の適用
  朝鮮戦争時の後方支援。適用除外だと米兵が多く死傷するリスクが上がるため米国がかなり嫌がる。

【関連記事】
大統領候補も当選後竹島訪問!?またナメられる野田政権!
民主党・社民党幹部に帰化の子孫多い 石原都知事が発言
銅メダル剥奪も、韓国「独島はわが領土」=オリンピック
ヘタレ民主政権!やはり韓国想定内の対応しかできない?=竹島
民主土肥議員、竹島領有権、日本は主張中止を!
野田政権は韓国寄り!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-08-15 23:38 | 政治・経済(1341)