韓国では親日=売国奴!李大統領反日の勲章が欲しい?

韓国大統領 任期切れ前、なぜ豹変 愛国・反日の勲章欲しさ


 ■日本トラウマ払拭狙う?
 【ソウル=黒田勝弘】「もう日本に謝罪や反省は求めない」と言って大統領になった韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、ここにきて反日論者に変身(?)した。歴代大統領もやらなかった紛争中の竹島(韓国名・独島)への上陸や、外交的には非礼に属する天皇陛下への謝罪要求まで公言している。李大統領に何があったのか。

 結論的にいえば、任期切れを前に愛国・民族主義者としての“勲章”が欲しくなったということだろう。
 李大統領は企業経営者出身で“経済大統領”“実用主義”が看板だった。しかしモノ・カネのビジネス大統領では大衆受けしないし、政治家にはどこか寂しい。そこで「日本に対する断固たる姿勢」で愛国者として歴史に名を残そうというわけだ。
 韓国で“独島”は皆が熱狂する愛国シンボルであり、日本のシンボル「天皇」への堂々たる「謝罪要求」に国民は留飲を下げ気分がいい。

 韓国は近年、国政をめぐるあらゆる問題が与野党、左右両派、世代間…の激しい対立に見舞われ国論分裂で揺れてきた。次期大統領選でも最大課題は「対話と和解」だという。
 そんな中で反日だけは誰にも反対されない手っ取り早い愛国カードになっている。反米や反北朝鮮は賛否両論で国論は一致しないが、反日だけはもめない。だから皆がそれを利用し国論統一を楽しむ。

 李大統領については実は以前から“日本トラウマ”がささやかれてきた。
 主に左派や反政府派など野党勢力だが、家族が戦前、日本で暮らしていて昭和16年に大阪で生まれたという経歴から、いわゆる“親日派疑惑”が言いふらされてきたのだ。
 韓国で“親日派”とは、日本統治時代の対日協力者のことで今でも“売国奴”を意味する極めつきの非難だ。李大統領にとって幼少時代の日本生活は“親日”とはまったく無関係で迷惑な話だが、政治家とくに大統領としては気になる“言いがかり”だ。

 このトラウマ(心の傷痕)の解消・払拭のため、ことさらの反日・愛国パフォーマンスに乗り出したのではないかという“説”だが、李大統領の心理は誰も分からないため、あくまで政界やマスコミ筋の推測である。
 李大統領は最近の反日言動の背景について、慰安婦問題での日本の誠意のなさを挙げている。とくに昨年末、京都での日韓首脳会談の際、外交常識を無視した1時間もの長広舌で解決を訴えたのに聞いてもらえなかったと、日本を非難している。

 慰安婦問題について野田佳彦首相が「知恵を出し合いたい」といっても「日本はなぜ聞き入れないのか」としきりにイラ立っている。財閥企業の経営者時代、トップダウンで物事を一気にやってきたブルドーザー式のワンマン社長を思わせる。
 外交は、文化の違う相手があり積み上げ作業だ。しかし政権末期の焦りからか、ついワンマンの地が出て相手の事情無視の外交放棄までいってしまった。

参考:親日派を裁く法律(wiki)
 ・日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法
 ・親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法

【関連記事】
親日派の財産は国のもの!子孫から奪う判決=韓国
韓国政府、親日派子孫の9人から財産4億8千万円没収を決定
反日?韓国の国際的な嫌がらせ!今度は国連へ。慰安婦問題で
日韓の友情映画にも「なぜか」反日教育!?
大統領候補も当選後竹島訪問!?ヘタレ野田政権ためにナメられる日本!
韓国、東日本震災の義援金を2割しか被災地に送らず、7割を独島活動など反日に

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-08-17 01:40 | 政治・経済(1341)