アナルもレイプ!?7歳女児大腸が破裂!23歳レイプ犯逮捕

自宅で寝ていた女児、布団ごと拉致し性的暴行

 自宅で寝ていた小学1年生の女児が、掛け布団に包まれた状態で男に拉致され、性的暴行されるという事件が起こった。
 30日午前7時30分ごろ、全羅南道羅州市に住む小学1年生の女児(7)がいなくなったとの通報が、女児の母親から警察に寄せられた。女児は居間から、掛け布団ごと連れ去られていた。
 警察はすぐ、栄山地区隊(日本の交番に相当)に捜査本部を置き、一般の警察官や戦闘警察隊(機動隊)、義務警察官(兵役の代わりに警察に勤務する警察官)など約160人を動員、この日正午から女児の自宅周辺や市内を捜索した。

 捜索開始から約1時間後の午後1時ごろ、警察は女児の自宅から直線距離で130メートルほど離れた栄山江沿いの道路の歩道で女児を発見した。
 雨が降り続く中で発見された女児は全裸の状態で、雨に濡れた掛け布団に包まれ、片腕だけを外に出した状態だった、と警察は説明した。寒さと恐怖の中、気絶したかのように眠り続け、顔や全身にはあざがあったという。警察は、女児の下着などの着衣を、5メートルほど離れた栄山江の河川敷で発見するとともに女児の体に性的暴行の痕跡があったことから、急きょ病院に搬送した。医師の診察の結果、女児は大腸が破裂し、身体の主な部位が5センチほど裂けていたことが分かった。




 羅州市内の病院で緊急手術を受けた女児は今後、光州市内の大学病院に移送される予定だ。女児は「家で寝ていて、目を覚ましたところ、知らないおじさんが掛け布団ごと抱きかかえて歩いていた。助けを求めたところ『親戚のおじさんだ。大丈夫だよ』と言い、無理やり連れていって、悪いことをした」と証言した。警察は、女児が性的暴行によって負傷したことに加え、精神的なショックも大きいことを考慮し、事情聴取を中断して緊急手術を受けさせた。

 女児の母親は「前日(29日)の夜にインターネットカフェに行き、(30日)午前2時30分ごろに帰宅して、少しうたた寝したが、そのときには娘は家にいた。30分後、下の子のおむつを取り替えようとしたところ、娘の姿が見えなかったが、夫と一緒に別の部屋で寝ていると思っていた」と証言した。このため警察は、女児が30日午前2時30分から3時の間に連れ去られた可能性が高いとみている。

 女児の自宅は、外からドアを開けると、すぐに居間が見える構造だ。女児の親は日ごろ、きちんと施錠していなかったという。女児が連れ去られたと推定される時間帯には、女児は小学6年の姉や同5年の兄、弟、母親と一緒に居間で寝ており、父親は別の部屋で寝ていたことが分かった。
 警察の関係者は「容疑者が女児宅に堂々と押し入って拉致し、犯行現場まで車を利用せず、徒歩で移動したことなどから考えて、この地域に土地勘がある人物による犯行の可能性が高い」と語った。
2012年08月31日12時52分 朝鮮日報


羅州女児性的暴行事件の容疑者コ・ジョンソクの顔を公開

家で寝ている小学生を布団ごと拉致して性的暴行をしたコ・ジョンソク容疑者が31日、緊急逮捕され、羅州(ナジュ)警察署で調査を受けている。中央日報は「凶悪犯罪者はこの社会に足を踏み入れる場所はない」という意味を込めてコ・ジョンソク容疑者の顔を公開した。

羅州小学生性暴行事件の容疑者も250メートル離れたところに住む‘近所のおじさん’だった。容疑者は女児(7歳、小学1年)の両親と知り合いだった。全羅南道羅州警察署は31日、小学生の女児に性的暴行を加えた疑いでコ・ジョンソク容疑者(23)を順天(スンチョン)で逮捕し、羅州で調査している。
コ容疑者は先月30日午前1時30分ごろ、羅州市の家で寝ていた女児を布団にくるんだまま拉致し、300メートル離れたヨンサン大橋の下で性的暴行をした疑い。コ容疑者は当初、女児の姉(13)を犯行の目標にして家に侵入したことが確認された。

コ容疑者は警察で「もともと13歳の長女を狙ったが、部屋の奥側で寝ていたため入ることができず、一番外側で寝ていた次女を布団にくるんで抱いて出てきた」と供述した。
コ容疑者は犯行の直前、インターネットカフェで女児の母に会い、「子どもたちは元気か」と安否を尋ねたという。コ容疑者は女児の母より先にインターネットカフェを出て、女児の家に侵入して拉致したことが明らかになった


コ容疑者は栄山川の橋の下で女児に性的暴行をした後、順天に逃げ、翌日午後1時25分ごろ、順天市のあるインターネットカフェで警察に捕まった。
警察の調査の結果、コ容疑者は住居なく羅州と順天を行き来しながら日雇い労働をしてきたことが分かった。コ容疑者は窃盗罪など前科が2件あったが、性犯罪はなかったと警察は伝えた。コ容疑者は「酔った勢いでした」と犯行を自白した。

多くの児童性的暴行事件は被害者の周辺人物によって起きている。07年に京畿道安養(アニャン)で小学生の女児2人を拉致して殺害し、遺体を切断したチョン・ソンヒョン(43)は、町内で遊んでいた女児を自分の部屋に連れて行って性的暴行を加えた

2010年2月に釜山で女子中学生に性的暴行した後、殺害したキム・ギルテ(35)も、被害者の家から50メートルも離れていない‘近所のおじさん’だった08年12月に京畿道(キョンギド)安山(アンサン)で小学生の女児に性的暴行をして臓器を損傷させたチョ・ドゥスン(60)も近所に住んでいた
2012年9月1日(土)11時5分配信 中央日報日本語版

【関連記事】
韓国の性犯罪被害届提出未だ7%!なのに性犯罪10年で2倍!
韓国!レイプ犯を英雄へ。13歳へのレイプで!
告発率たった6%!韓国の児童性暴力事件!
レイプしまくる韓国の老人達!昨年も千件超と順調に増加!
飲み屋の女性店主を狙い、レイプを繰り返した前科22犯=韓国
18歳高校生、60代女性の遺体をレイプ!=韓国
ソウルのクラブ街「弘大」で日本人女性レイプ情報相次ぐ=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-09-02 23:36 | えっちな♪(400)