韓国の挑発続く!米国での慰安婦のロビー活動エスカレート

米国でエスカレートする「慰安婦」問題 韓国系団体の動き活発化で


 韓国の李明博(イミョンバク)大統領の島根県・竹島上陸などで日韓関係が悪化の一途をたどっているが、米国でも最近、韓国系米国人団体の動きが改めて活発化している。韓国系住民が多い選挙区の議員や自治体への働きかけを強め、慰安婦碑建立や公道を「慰安婦通り」などと改名する動きが加速。米国の自治体で韓国側の一方的な主張が既成事実化する恐れが強まっている。(米パリセイズパーク 犬塚陽介、写真も)
 「旭日旗はナチスのハーケンクロイツ(かぎ十字)と同等だ。日本政府はロンドン五輪で、厚かましくもアジアのホロコーストのシンボルを体操チームに着せた」

 8月23日、ニュージャージー州パリセイズパーク市にある慰安婦碑の前で、荒唐無稽な主張がテレビカメラに向かって英語で続けられた。声の主は韓国系団体の女性。五輪の日本体操チームが使用したユニホームに旭日旗を連想させるデザインがあるとして、メダルの取り消しなどを求めたのだ。
 旭日旗に関する“主張”は、五輪の男子サッカーで韓国選手が竹島(韓国名・独島)の領有を主張するメッセージを掲げて問題化した直後から、インターネットなどで盛んに取り上げられていた。韓国内の世論の高まりを受け、韓国系の関係者が米国で同様の主張を展開、その様子を韓国系メディアが韓国語や英語で報じ、米国内で増幅されていく典型例といえる。

 もっとも、この主張が必ずしも共感を得ているとはいえない。パリセイズパークの慰安婦碑をデザインしたスティーブ・カバッロ氏でさえも、産経新聞に対し韓国側の主張内容を「ばかげている」と退けた。
 カバッロ氏によると、韓国系市民は慰安婦碑のデザインで、日本兵と膝を抱えてうずくまる女性の背後に描かれた円についても「日の丸」や「旭日旗」との類似性を指摘したという。
 ただ、カバッロ氏は取材中、一貫して竹島を「独島」と表現。韓国系市民が人口の約52%に達するパリセイズパークでの韓国系の強い影響力を随所ににじませた。

 韓国系団体の主張が着実に成果を挙げているのが慰安婦問題だ。
 パリセイズパークに作られた慰安婦碑は「韓国系米国人有権者評議会」が支援し、客観的な根拠が不明なまま、慰安婦を「日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性と少女」などと表記した。




 新たな動きも浮上している。韓国系米国人が多く住むニューヨークのフラッシング地区では、中国系のピーター・クー市議が今月2日、公道の一部を「慰安婦メモリアル通り」に改名する条例案をニューヨーク市議会に提出した。
 条例案の添付書類では、慰安婦を「日本軍に強制的に性奴隷にされた女性」と指摘。募集の際には「銃を突きつけて連行されることもあった」などと“解説”している。
 クー議員によると、慰安婦問題は約3年前、やはり「韓国系米国人有権者評議会」が接触してきてその存在を知ったという。自身は「反日ではない」と強調する一方で、選挙区内の韓国系住民に「慰安婦通り」を求める声が強いことを提案理由に挙げる。

 あまりに韓国側に偏った内容ではないか-。こうした批判にクー議員は「(日本側の)懸念は理解する。だが、私はこの地域のために奉仕する議員。法に触れない範囲で、住民の要望に応える義務があるのだ」と反論し、こう続けた。
 「もし日系の有権者から要望があれば行動しただろうが、そうした要望は現在まで、全く届いていない」
 全米の韓国系米国人は2010年現在で約142万人。約76万人の日系とは比較にならないほど多い。
 クー議員のような、韓国側に同情的な米議員の発言が勢いを増している


 今月には、慰安婦問題に関する対日非難決議(07年)を主導した下院のマイク・ホンダ、エニ・ファレオマバエガの両議員(いずれも民主)が訪韓。ファレオマバエガ議員は20日、ソウルの在韓日本大使館前に元慰安婦を象徴する碑が建立されたことを念頭に、「より大きな碑を(米国に)設置しなければならない」との趣旨の発言をしたことが韓国系の英字メディアで報じられた。

 下院の対日非難決議について、日本側では当初、法的な拘束力がないことから日米関係への影響は少ないとの見方もあった。だが、米議会の公聴会などでは非難決議以降、慰安婦に関し、意に反して拉致された「性奴隷」などと公の場で表現する議員が多い。
 予備知識のない傍聴席の米国人がこうした発言を聞けば、「強制連行」について、確定した事実のように受け止めてしまいかねない。

 一連の動きが米政府の政策に影響を与える可能性はあるのだろうか。米戦略国際問題研究所(CSIS)パシフィック・フォーラムのラルフ・コッサ理事長は、現段階では地方自治体や議員レベルの話であり、「米国の外交政策にまで影響を与えているとは考えていない」との見方を示した。

 ただ、国務省は07年に公表した日本に関する人権報告書の中で、「慰安婦」と「強制された性奴隷」の文言を併記しており、状況に応じて用語を使い分ける方針だ。
 「まだ米外交政策に影響を与えていない」とみるCSISのコッサ理事長も一方で、慰安婦を「性奴隷」と表現すれば、人権問題に敏感な米国の議員が非難決議などに「反対するのは困難」とも指摘している。

 ■米下院の対日非難決議 下院が2007年7月30日、日本政府に対し、慰安婦問題に関する責任を認め公式謝罪するよう求めた決議。法的拘束力はない。日系3世のマイク・ホンダ議員(民主)らが提案。日本政府は「客観的事実に基づかない決議は日米関係に良い影響を及ぼさない」としたが、民主党が多数派だった下院で採択された。

 ■パリセイズパークの慰安婦碑 ニュージャージー州パリセイズパーク市の公立図書館の敷地内に2010年10月に建立された。同市が主導し「韓国系米国人有権者評議会」が支援。日本の自民党有志議員団が5月、記載内容は事実無根として撤去を求めたが、市側は「歴史上の事実」などと要求を拒否している。
2012年9月2日(日)16時45分配信 産経新聞




韓国「慰安婦問題」米国でアピール 「人道上の罪」への批判広がる可能性

 韓国の李明博大統領が2012年8月に島根県・竹島を訪問して以来、日韓関係は一気に冷え込んでいる。竹島問題とともに二国間の壁となっている大きな懸案が、いわゆる「従軍慰安婦」問題だ。
 近年、韓国は米国を中心に慰安婦問題を積極的にアピールしている。国際社会が人権問題として取り上げ、日本に厳しい目を向ける可能性もある。

■韓国系米国人住民が半数超の街で碑を建立
  「人類の普遍的価値に反する行為」
 李大統領は2012年8月15日、日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」での演説で慰安婦問題を取り上げ、そう断じた。
 数日前、自ら足を運んだ竹島については一切触れず、慰安婦問題での日本政府の対応を厳しく批判したのだ。
 野田佳彦首相は8月27日の衆院予算委員会で、1993年に当時の河野洋平官房長官が「心からのおわびと反省」を表明した談話について、歴代政権同様に踏襲するとした一方で、慰安婦自体は「強制連行したとの事実を文書で確認できず、日本側の証言も確認できない」と話した。韓国側はこれに猛反発し、両国関係はさらに緊迫化している。

 近年、韓国は海外で慰安婦問題の「PR活動」を強化してきた。象徴的な出来事のひとつが、米国での「慰安婦碑」建立だ。2010年、米東部ニュージャージー州パラセイズパーク市に建てられた碑には、「日本の植民地時代に20万人を超える女性、少女が慰安婦として日本軍に連れ去られた。これは人権侵害だ」とつづられている。このパラセイズパーク市は、韓国系米国人の街と言っていい。地元のニュースを主に扱うオンラインメディアの調べでは、2010年の国勢調査で韓国系の占める割合は52%に達したという。

 2012年には、ふたつ目の碑が完成した。場所はニューヨーク州ウェストバリー市にあるアイゼンハワーパークという公園内だ。韓国の有力紙、東亜日報(日本語電子版)は2012年6月18日、ニューヨーク市の市会議員やニューヨーク韓国人会も碑の建立に積極的で、今後米国各地で増える見込みだと伝えている。

 2012年5月18日付の米ニューヨークタイムズ紙(電子版)は、日本の代表団が2度にわたってパラセイズパーク市を訪れ、市長に碑の撤去を求める「直談判」をしていた様子を伝えた。最初は在ニューヨークの廣木重之総領事の一行で、日本政府の要望として碑を撤去してもらう代わりに桜の植樹、図書館への本の寄贈を提案したという。2度目の訪問者は4人の自民党国会議員で、「慰安婦は強制的に『性奴隷』にさせられたわけではない」と主張した。現時点では、いずれの要請も聞き入れられていない模様だ。

■米国務省では「性奴隷」という表現も併用
 米国内では、ほかにも慰安婦問題に関する「広報活動」が行われている。8月7日付の韓国・聯合ニュースは、テキサス州ヒューストンの高速道路の出口付近に、慰安婦問題に日本政府の謝罪と賠償を求める大型の看板を設置したと報じた。在米韓国人の寄付によるものだ。

 米国務省のヌランド報道官は8月16日、慰安婦を表す「comfort women」のほかに、「性奴隷」を意味する「sex slave」という語句も合わせて使っていくことを明らかにした。「性奴隷」では無理やりに従事させられたというトーンが強い。これまでもふたつの語句が使用されていたようだが、公的な表現として今後も「性奴隷」が採用された点は、米国のこの問題に対する立ち位置が読み取れる。

 現職の米議員の中には、慰安婦問題に積極的に取り組む人がいる。日系3世のマイク・ホンダ下院議員は2007年、日本政府に公式の謝罪を求める決議案を提出、議会で可決させた。先月、ホンダ議員はこの問題で同調するエニ・ファレオマバエガ下院議員とともに訪韓し、元慰安婦が住む施設を訪ねた。聯合ニュースの取材に「国際社会の関心を高めていく」との決意を語っている。
 慰安婦問題に関する韓国の主張が、人権侵害に敏感な米国をはじめ世界各地で浸透した場合、日本は苦しい立場に追い込まれることになりそうだ。
2012年9月1日(土)18時12分配信 J-CASTニュース

【関連記事】
韓国女子大生の7割弱が「最大の敵国は北朝鮮より日本」
日本が韓国を全力で守り、韓国は恩をあだで返してきた歴史
慰安婦問題の「主犯」は社民党党首 福島瑞穂弁護士
天皇陛下は「膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべき」と大手紙
韓国の世界中での反日ロビー活動よる日本の被害=慰安婦
「慰安婦=性奴隷」説を広めたのは反日の多い日本人弁護士

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-09-11 01:10 | 政治・経済(1341)