逮捕された暴行犯、97%は裁判まで行かず釈放=韓国

韓国北西部、京畿道の道庁所在地で人口約100万人の都市「水原市」。ここの水原地方検察庁が直近一年間の同市の暴行犯についてまとめたそうです。
それによると、なんと逮捕された暴行犯2万1210人のうち、起訴されたのが6037人しかおらず、しかも裁判まで行ったのが638人にとどまり、残りの5399人は罰金7万円から14万円の略式起訴だったそうです。
a0232045_1424942.jpg
つまり、暴行犯のうち裁判をうけるのは、たった3%!100万人都市で2%強も暴行犯がいるのにもびっくりですが、3%しか裁判まで行かない。しかもこの原因になっているが前科の有無に関わらず略式起訴することなのですが、これは水原だけでなく、韓国法曹界の慣行なのだそうです。性犯罪被害届提出率7%という記事がありましたが、暴行犯まで!しかも、レイプ犯は6割が執行猶予等で釈放で凶悪レイプでも1/3が釈放だそうです。裁判をしてもこんな状態ですから、韓国にDVレイプが多いのもうなずけますね。さて、以下はそんな水原の暴行犯の起訴状況の記事です。↓

暴行犯、3回以上の前科あれば懲役刑求刑

 水原地方検察庁は16日、単純暴力犯罪について、過去3年間に3回以上の暴行前科がある場合は被害の大きさに関係なく正式起訴(公判請求)し、裁判で懲役刑を求刑する制度を施行すると発表した。これまで、単純暴力犯罪をめぐっては、前科の有無にかかわらず略式起訴することが法曹界の慣行となっており、略式起訴された場合は最大で100万-200万ウォン(約7万-14万円)の罰金が科されていた。

 金秀南(キム・スナム)水原地検長は、児に対する性的暴行事件を起こしたチョ・ドゥスン受刑者は事件の前に7回の罰金刑を受けており、女子中学生に性的暴行を加えて殺害したキム・ギルテ受刑者も、事件前に7回の暴力事件を起こしていたと説明。その上で「韓国社会に前科30犯、40犯が存在するのは、すでに罰金刑が懲罰的な機能を失ったことを意味する。厳しい処罰で韓国社会にはびこる犯罪の習慣化をなくしたい」と語った。

 実際に、水原地検本庁がここ1年間で扱った暴力犯罪のうち、容疑が固まり起訴された人は6037人いたが、正式起訴されたのは10.6%の638人にとどまり、残りの5399人(89.4%)は略式起訴された。暴行犯の10人に9人は罰金を払い釈放されたということだ
 今年6月、ソウル恵化警察署に連行されたA容疑者(59)は暴行の前科44犯だったが、それまでで最も重い刑は懲役1年6月で、罰金の最高額は200万ウォン(14万円)だった。A容疑者は暴行の罪で罰金200万ウォンを払ってからわずか数日後、別の暴行事件を起こしたが、前回に比べ少ない100万ウォンの罰金刑に処された
 水原地検は、甘い処罰による暴力の習慣化が凶悪犯罪につながりかねないと指摘する。同地検の関係者は「殺人や性的暴行などの凶悪犯罪を起こした犯人の大半に、多数の前科がある。軽微な犯罪を繰り返している段階で厳しく処罰すれば、さらに大きな犯罪に向かうのを止められるだろう」と話している。
2012年9月17日(月)11時59分配信 朝鮮日報日本語版

毎年のように、厳しくすると言ってますが、いつもなし崩し的に甘くなり、むしろ増加する傾向にあります。
今回は成功するのでしょうか。


【関連記事】
韓国!レイプ犯を英雄へ。13歳へのレイプで!
韓国大学生46%、彼女暴行した事ある!徴兵制度の影響?
韓国「女性相談の3割はDV(家庭内暴力)、上位にある浮気8.5%、性暴力7.6%も問題」
韓国の性犯罪被害届提出未だ7%!なのに性犯罪10年で2倍!
韓国性犯罪統計:レイプ犯、6割が執行猶予等で釈放、凶悪レイプでも1/3が釈放
韓国、快挙!OECD加盟国で8年連続自殺率NO.1
5年間の性犯罪事件が8万件、9千人以上は摘発されず=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-09-19 01:31 | 社会問題(489)