連続レイプ魔ようやく逮捕!半年で10人をレイプと供述=韓国

6カ月間で7人に性的暴行、35歳男を逮捕


 銅雀区・瑞草区・冠岳区などソウル市南部一帯で約6カ月にわたり、深夜に帰宅する20代の女性7人に対し性的暴行を加えた男が逮捕された。犯人は2人の子どもを持つ、30代の平凡な会社員だった

 ソウル銅雀警察署は20日、女性7人に性的暴行を加えたとして、会社員L容疑者(35)を逮捕した。
 警察によると、L容疑者は昨年12月、瑞草区内で帰宅途中だった20代の女性に対し性的暴行を加えたのを皮切りに、同区方背洞・盤浦洞や銅雀区舎堂洞、冠岳区奉天洞などで今年6月まで、帰宅途中の女性たちに対し性的暴行を加えた疑いが持たれている。L容疑者は主に、午前2時から4時の間に1人で帰宅途中の女性を狙い、人通りの少ない道端から、空いている建物などに連れ込み、性的暴行を加えていたことが分かった。L容疑者は警察の調べに対し「一人で歩いている女性をナンパしようとしたが、思い通りにいかなかったため、性的暴行を加えた」と供述しているという。

 警察は今年2月、L容疑者による犯行について初めて通報を受け付け、国立科学捜査研究院に犯人のDNAの分析を依頼した。だが、L容疑者には前科がなかったため、DNAが登録されておらず、身元を特定することはできなかった。性犯罪を繰り返していたL容疑者を、監視カメラの画像を通じた追跡の末に検挙したのは、今月7日のことだった。その後、L容疑者のDNAを国立科学捜査研究院に送り、鑑定を行った結果、今年2月にDNAの分析を依頼した後も、2件の性犯罪を犯していたことを突き止めた。捜査範囲が狭まる中、L容疑者は犯行を繰り返していたというわけだ。

 L容疑者は警察の調べに対し「計10人の女性に性的暴行を加えた」と供述している。警察はこの供述を基に、現場一帯で聞き込みを行った結果、2人の被害者がいることを突き止め、計7人が性的暴行を受けたことを確認した。警察の関係者は「L容疑者は性犯罪の前科がなく、2人の子どもを持つ平凡な一家の主で、小規模な起業コンサルティング会社に勤務していた。周囲の人たちも、L容疑者による犯行に全く気付いていなかった」と語った。
2012年09月21日13時09分 朝鮮日報

【関連記事】
韓国警察から脅威の数字!犯罪者の6%しか逮捕されてない!?
逮捕された暴行犯、97%は裁判まで行かず釈放=韓国
レイプ容疑の韓国タレント コ・ヨンウク!女子中学生も暴行か
女子大生の23%が性暴行被害経験=韓国
HIV感染の女性が無差別売春テロ、8ヶ月間!
ソウルのクラブ街「弘大」で日本人女性レイプ情報相次ぐ=韓国
韓国性犯罪統計:レイプ犯、6割が執行猶予等で釈放、凶悪レイプでも1/3が釈放

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-09-24 01:44 | えっちな♪(400)