整形中毒の原因?韓国の整形病院の多くで中毒性麻酔薬使用!

韓国の整形病院で中毒性の麻酔剤プロポフォール使用


【新華網】 韓国中央日報の25日付の報道によると、韓国ソウル江南地域の複数の整形病院が中毒性のある麻酔剤「プロポフォール」を使用したことが物議を醸している。同紙による江南区6カ所の外科、皮膚科病院への取材によれば、2カ所が「プロポフォールで睡眠麻酔ができる」と説明、ほか4カ所は「最近は取り締まりが厳しく、局部麻酔しかできない」と話した。

報道によれば記者が「脂肪溶解術を受けたい」と話したところ、ある医師は住民登録証を確認した後、脂肪溶解注射は相当痛いため、プロポフォールで全身麻酔することが可能だと提案した。麻酔注射1本の価格は10万ウォン(約7000円)。同病院で何度もプロポフォールの注射を受けたことがあるという女性は、「局部麻酔でもよかったが病院側に全身麻酔を勧められ、中毒となった」と明かした。
「ミルク注射」とも呼ばれるプロポフォールを乱用すれば、中毒となる恐れがある。そのために韓国食品医薬品安全庁は2011年2月、プロポフォールを向精神薬に指定した。しかし一部病院では依然としてプロポフォールが使用されている。

インターネット上でプロポフォールを販売する業者も現れた。
プロポフォール中毒の人はますます増加している。かつてナイトクラブで働いていたという32歳の女性は、プロポフォールの注射のために6億ウォン以上を使った。「手の黒く腫れた注射跡を見ても病院側はプロポフォールを注射した」と明かす。
仁川南洞警察署の内部関係者は、「中毒になるとなかなか注射をやめられない。処罰を受けた医師たちは執行猶予となって新たな病院を開設する。この問題を抜本的に解決するには医療システムの中で違法なルートを断ち切らなければならない」と指摘した。
2012年9月26日(水)15時49分配信 毎日中国経済

以前から韓国で整形を受けた人に整形中毒といわれる「整形を繰り返す人々」が多く、社会問題化していました。この中毒性のある麻酔薬も原因の一つなのでしょうか?

【関連記事】
知らないとヤバイ!?「整形」のリスク
整形中毒に陥った韓国人女性、6カ月間で顔面を20回手術 
扇風機おばさん執刀の高須院長 「放置すればミイラ化」=韓国
韓流アイドル『神話』のメンバー3人が整形を告白!
韓国女優ノ・ヒョニ、整形の副作用に衝撃!息ができない!?
韓国人の驚くべき整形観、日本のブスはなぜ整形しない?
韓国整形外科の1/3が免許なく粗悪な上、3倍以上請求も!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-09-27 02:17 | 社会問題(489)