現代・起亜自動車の燃費水増しが韓国でも発覚!消費者ら激怒

現代・起亜自動車の燃費水増しが韓国でも発覚! 消費者ら激怒


韓国でも発覚した現代・起亜自動車の「燃費水増し」韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車が、韓国国内でも燃費性能を誇大表示していることが分かった。両社は、米国とカナダで販売した一部の車の燃費性能を誇大表示しているとして、集団訴訟を起こされているが、自国に飛び火したことで騒動はさらに拡大しそうだ。
「国民日報」の報道によると、韓国の「エネルギー管理公団」が最近、現代・起亜自動車が2012年に販売した9車種の燃費性能を検査したところ、5車種が公認されている数値を下回った。報告書「2012年公認燃費事後管理結果」で明らかにした。




同公団は、現代・起亜自動車が発表している公認燃費と、実際に測定した測定燃費とを比較し、違いがどれだけあるか誤差を算出した。すると、現代自は2車種、起亜自は3車種の計5車種が、燃費表示よりも低い“マイナス”となった。人気車種「サンタフェ」(現代自)の誤差はもっとも大きく、公認燃費(16.1キロメートル)、測定燃費(15.4キロメートル)で、誤差はマイナス4.38%だった。

当然のことながら、韓国の購入者たちは現代・起亜自動車の燃費水増しに激怒している。インターネット上には、「現代自動車全体が不良品」「明らかな詐欺行為」「現代・起亜は国内消費者がいくら不満を訴えても見向きもしない」「この機会に韓国国内で販売されているすべての車を調べてほしい」などと不満が噴出している
しかし、現在韓国では燃費表示はメーカー側による申告制で、公団側も誤差“5%”までは認めている状態という。「サンタフェ」がマイナス4.38%の誤差を出しても誤差の範疇であるため、処罰の対象にはならないということだ。現代・起亜自動車は、米国やカナダの購入者に対しては、走行距離やガソリン価格に応じて迷惑料15%を上乗せした価格を補償するとしている。だが、韓国の購入者に対しては、このような補償は行わない可能性が高い。どうやら韓国の購入者たちは、“水増し”が明らかになっても泣き寝入りするしかないようだ
韓フルタイム 2012年11月11日15時00分

2011年12月16日の東亜日報によると、2000年8月から2011年11月末まで11年3ヶ月の間に消費者院が韓国国内で受付けた欠陥などを分析した結果、欠陥の種類が232件、車両の台数にすると1061万台余りに該当し、その期間発売された台数が約1500万台であるため、なんと販売された車両の3分の2に欠陥があったそうです。そのため韓国国内では、「やっぱり」とか「もっとやっている」とか「故意だと思う。だから現代・起亜は嫌いだ」などの声があがっているそう。
ちなみに訴訟については、米カリフォルニア州で7億7500万ドル(約620億円)の集団訴訟を皮切りにオハイオ州にも広がっており、カナダでもオンタリオ、ケベック、ブリティッシュコロンビアの各州で集団訴訟になっていて、さらに広がる可能性があるとのことです。
韓国国内では、これだけ欠陥が多いにも関わらず、ほとんどリコールなどの補償が行われておらず、不満がピークに達しています。韓国国内でも訴訟となるのでしょうか。


【関連記事】
現代・起亜車、米で燃費偽装=90万台13車種、苦情で発覚
車内の化学物質、韓国の現代・起亜自Gが有害性で世界最悪
現代自動車、米国で22万台リコール!エアバック突然開く
どんな対策も効果なし!30分に1回!増え続ける韓国の性犯罪
韓国に引き抜かれた技術者 報酬は「おおむね3年で1億円」
超危険な韓国の原発!品質保証偽造で原発2基停止!大停電も
[PR]

by love_kankoku | 2012-11-15 01:47 | 政治・経済(1341)