韓国撤退相次ぐ ゴールドマンもAM部門閉鎖へ 同様の動き加速

韓国撤退相次ぐ ゴールドマンもAM部門閉鎖へ 同様の動き加速―中国報道


【中国証券網】 世界の大手投資銀行が業務スリム化に乗り出した。13日、米ゴールドマン・サックスの広報担当者は、韓国のアセットマネジメント(資産運用)部門を閉鎖することを認めた。東方財富網が伝えた。
同部門は現在、40億ドルの資産を管理している。閉鎖後、関連のファンドは譲渡される。同部門は40人の従業員を抱えている。これからの6カ月で、これらの従業員はゴールドマン・サックス内部のほかのポストに就く。株式運営陣営はシンガポールに配属し直す。




ゴールドマン・サックス(ロンドン)の広報担当者は、「同部門は我々の期待値に到達できていない」と語った。同部門は11年に約700万ドルの赤字となったが、ゴールドマンが韓国に置く投資部門は同国の業界でトップを行く。
韓国のアセットマネジメント部門を閉鎖後も、ゴールドマンは韓国の取引先にファンドなどの金融商品を提供し続けるが、他の地域の資産運用部門に移管する。

■競争激化
07年、ゴールドマンは1億4700万ドルを出資し、Macquarie IMM Asset Management社を買収した。これをきっかけに韓国の資産運用市場に入り、機関投資家を主な顧客とした。
だがゴールドマンが韓国市場に入って間もなく、同国経済は低迷期に突入した。過去5年、ゴールドマンの韓国アセットマネジメント部門はずっと欠損状態にあり、11年の純欠損額は700万ドルに達した。これに対し、ゴールドマン韓国の買収合併、株式取引は韓国で常に首位を維持し、社債発行業務も韓国の3位にあった。同期のゴールドマンの純利益は288億1000万ドルだった。
ゴールドマンの関係者は、「韓国のアセットマネジメント部門の閉鎖を決めたのは、韓国市場の特殊な状況が主因だ。ほかの韓国業務に変更はない」と語った。

韓国のアセットマネジメント部門は長期間、国内企業を主としてきた。韓国金融サービス委員会のデータによれば、韓国には国内及び外資系の資産運用企業が82社ある。
「競争は激しい。わが社のほか、多くの同業も同様の難題に直面している」と同関係者は指摘した。
ドイツ銀行とブラックロックも、資産運用面で圧力に直面していると報じられている。オランダINGグループもアジア保険及び資産運用部門の譲渡を通じて韓国市場を撤退した。INGグループはこれまでに韓国KB金融グループと韓国保険業務の譲渡問題などをめぐって交渉を行い、香港及びタイの保険業務を、香港の大富豪・李嘉誠の次男で、香港の通信会社PCCWを含むパシフィック・センチュリー・グループ(PCG)の創業者である李澤楷氏に譲渡することを決めた。

■多くの企業が韓国撤退
ゴールドマンのほか、HSBCホールディングスも一部の韓国業務の削減を決め、韓国のリテールバンキング業務の切り離しを検討している。
2010年、韓国の対中・対米輸出比率はそれぞれ25.1%と10.7%となり、輸出への高い依存度で韓国経済は大きなショックを受けた。
サムスン経済研究院のKim Yong-ki研究員によると、企業のインフラ整備用投資金は伸びているが、伸び率は下降している。同時に就業成長率も下降している
11月初め、韓国金融研究院は、「2013年の韓国経済の成長率は2.8%の最低値をつける見通しだ」と予測、「対外の不確定性及び主要国の伸び悩みがその主因だ。韓国の輸出伸び幅が小さすぎ、内需も大幅に増大し難いことも原因だ」と指摘した。

金融企業はもちろん、マクロ経済そのものの衰退及び市場競争の激化に伴い、より多くの企業が韓国市場を撤退したい考えを示している。12年10月19日、米ヤフーは、「韓国市場を撤退した」と発表した。これで韓国はヤフーが撤退を決めた初のアジア市場となった
2012年11月18日(日)9時27分配信 毎日中国経済

【関連記事】
韓国製造業の景況悪化続く!リーマンショック以来の低水準
上場企業約25%が破綻懸念!?利益で利払いすら賄えず=韓国
忍び寄る「韓国版サブプライム危機」の影!韓国の爆弾?LTV制度とは
「戦わずにして中国に勝てる6つの方法」がネットで話題
韓国経済危機!もう一つの時限爆弾、集団ローン!
韓国の債務残高、GDP比約234%!3000兆ウォンに迫る
韓国貯蓄銀行の8割が赤字!営業停止の可能性も
[PR]

by love_kankoku | 2012-11-20 01:45 | 政治・経済(1341)