7~9月期の個人負債額937.5兆ウォンで過去最大に=韓国

7~9月期の個人負債額 過去最大に=韓国


【ソウル聯合ニュース】韓国で個人負債の増加が経済成長率を上回る状況が続いている。
 韓国銀行(中央銀行)が22日に発表した統計資料によると、7~9月期の家計信用(個人負債)残高は937兆5000億ウォン(約71兆1600億円)だった。前四半期より13兆6000億ウォン増加し、過去最大となった。家計信用とは、個人向け融資と販売信用(クレジットカード購入など)を足したもの。前年同期比では5.6%増加した。

 これは、7~9月期の国内総生産(GDP)増加率(前年同期比1.6%)を大きく上回る数値だ。
 銀行の個人向け融資は2.2%の増加だったが、非銀行金融機関での融資は7.6%増、その他金融機関の融資は11.1%の増加となった。
 個人向け融資が、銀行から金利の高い消費者金融に流れていることがうかがえる。
2012年11月22日(木)21時22分配信 聯合ニュース

【関連記事】
韓国人の9割以上「現在の韓国は深刻な経済危機」
韓国の債務残高、GDP比約234%!3000兆ウォンに迫る
韓国の若年失業の実態!20代の約4割が非就業・非求職
韓国の銀行破綻20行!なぜ、報道されない?韓国経済の裏
韓国経済!下振れ懸念強く、利下げも株急落、輸出減速、内需も影
日韓関係はゼロサム!一方が上がれば他方が沈む!!
[PR]

by love_kankoku | 2012-11-25 00:27 | 政治・経済(1341)