赤字上場企業、1~9月は4社に1社=韓国

赤字上場企業、1~9月は4社に1社


 韓国取引所と韓国上場企業協議会が有価証券市場(メーンボードに相当)に上場した12月決算企業の1~9月業績を集計した結果、純損益が赤字だった企業は146社で全体の23.1%を占めた。
 この割合は、世界的な金融危機が襲った2008年1~9月の26.1%(149社)以来で最も高かった。
 韓国取引所関係者は「スマートフォン(多機能携帯電話端末)などモバイル機器の輸出が増え、電気・電子関連企業の純利益が増えたが、残る大半の業種で黒字幅が縮小した」と指摘した。業種別の純利益は電気・電子が121.3%増となったのに対し、医療精密(75.0%減)、繊維・衣服(50.8%減)、通信(42.7%減)、医薬品(37.8%減)、建設(36.7%減)など大半の業種で業績が悪化した。

 そうした傾向は、サムスン電子を除いて集計するとよく分かる。昨年と比較が可能な連結決算を発表している12月決算企業183社を対象に分析した結果、1~9月の連結営業利益は合計で前年同期比3.6%減の73兆8314億ウォン(約5兆6000億円)だった。不況下で善戦したようにも見えるが、サムスン電子の営業利益(20兆6993億ウォン=約1兆6000億円)を除くと、19.1%の大幅な減益となる。サムスン電子を除いた連結純利益も20.9%の減少だった。
 店頭市場コスダックの状況も同様だ。連結決算を提出した12月決算企業80社の1~9月営業利益は22.5%減、純利益は47.6%それぞれ減少した。
2012年12月03日08時08分 朝鮮日報

【関連記事】
韓国株、いつ大暴落でも不思議は無い?景気低迷の恐怖
韓国の銀行破綻20行!なぜ、報道されない?韓国経済の裏
韓国の経済的の実情!李明博の暴挙は韓国経済の自殺を招く
韓国株!2~3年で50%の暴落リスクと米専門化が指摘
韓国人の9割以上「現在の韓国は深刻な経済危機」
7~9月期の個人負債額937.5兆ウォンで過去最大に=韓国
韓国大企業の景況判断指数、2009年3月以来の危機的低水準
[PR]

by love_kankoku | 2012-12-06 01:40 | 政治・経済(1341)