韓国メーカーに中国撤退の動き 韓国政府がUターン支援

韓国メーカーに中国撤退の動き 韓国政府がUターン支援策でサポート


韓国知識経済部はこのほど、中国・山東省青島市にある14の韓国系ジュエリーメーカーが、韓国全羅北道駅山市内の工業団地に工場を移転する予定であることを明かした。韓国政府が「企業Uターン支援策」を打ち出した4月以降、韓国に戻る企業の第1陣となるという。大公財経が韓国メディアの報道を引用して伝えた。




アナリストによると、これらの企業は中国の投資環境が悪化したことによる影響を受けている可能性がある。そして、韓国の優遇策がこれらの企業の集団帰国を促す要因となった。コスト高や人民元レートの上昇などを受けて、外資系企業の中国での投資環境は以前より劣っている。

2011年11月以降、中国の外資誘致規模は6カ月連続で前年同月比で落ち込んだ。労働力や土地、管理、輸送などのコストが軒並み増大しているからだ。清華大学中米関係研究センターの上級研究員、周世倹氏は『第一財経(微博)日報』の取材に対し、「一昨年にトロントに行ったが、同じジーンズの値段が中国製で80カナダドル、バングラデシュ製で50カナダドルだった」と語った。
コスト高のほか、人民元高が外資の利益を目減りさせたことも韓国企業が中国から撤退する理由となる。

韓国企画財政部は5月下旬、韓国・EU自由貿易協定(FTA)発効後、関税を引き下げた商品のEU向けの輸出が過去半年間で27.1%増加したと発表した。韓国は4月に、海外での経営期間が2年を超えた企業が韓国に新工場を建設する際に優遇を与える「企業Uターン支援策」案を打ち出した。
2012年12月22日(土)6時26分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 伊藤亜美)

ちなみに、中国商務省によると中国全体の11月対中直接投資額は、前年同月に比べて5.4%減の82億9000万ドル(約6950億円)。6か月連続でマイナスと海外からの投資が減りつづけている。一方、日本の2012年11月直接投資は、前年同月比16.2%増の5億3000万ドル(約440億円)と大幅増加。
あれだけのことをやられて、まだ中国に恩恵を与えつづける・・・意味がわかりません。


【関連記事】
驚愕の手口!5万潜入中国スパイ軍団「日本壊滅マル秘作戦」
「戦わずにして中国に勝てる6つの方法」がネットで話題
救いの綱は日本!中国の太陽電池業界がかつてない危機に
韓国への制裁案・運動と日本が韓国に対して優遇しているもの
韓国企業も反日デモで攻撃!日本企業のフリがアダに?
スパイ、特許、日本企業の技術が韓国企業にダダ漏れ!?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-12-23 01:24 | 政治・経済(1341)